あれこれ

2016/01/07 アンナ・ポゴリラヤ「全ての人は自分を知るプロセスにある」

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/872687

2016/01/07 アンナ・ポゴリーラヤ「フィギュアスケートからは喜びを得ているのに、時としてそのことを気付かない」

=====抜粋、引用=====
(アンドレイ・シモネンコ)
昨年のヨーロッパ選手権銅メダリスト、先日のロシア選手権銅メダリストのアンナ・ポゴリーラヤと、新年の祝いが終わってすぐ、アンナ・ツァリョーワの指導の下で練習しているリンク「フルスターリヌイ」で会った。話は新年の祝日のことから始まった。

—アーニャ、新年には少しでもフィギュアスケートのことを忘れられましたか?

「今年の新年は、それが出来ました。そもそも自分がフィギュアスケーターであることを忘れました。ただコーチたちにはお祝いを言いましたが、それ以外は普通の人だと自分を感じました」。

—何日くらいそんな感じでいられたのですか?

「12月30日の朝の練習の後、その感じが始まりました。私たちはその日は半日休日でしたから。その時から解放されて、精神的に休息しました。再び氷に出たのは1月4日です」。

—いつもそんな風に休めるのですか?

「めったに無いのです。休日に解放され、氷に出なくて良いことはあります。でも、時々コーチに『休むのは短くして、もう少し早くトレーニングに出ましょう』と言います」。

—頭の中には、常にフィギュアスケートがあるのですか?

「当然です。スケートはどこにも行きようがありません。ただ今回は全てのこと — ヨーロッパ選手権が近いことや、それに向けて準備しなければならないことなどを忘れることが出来ました」。

—シーズン前半が終わった気分は、肩の荷が下りた感じ?

「今のところは心静かです。次の試合については、あまり早くから考えません」。

—昨年のメダルは見なかったですか?

「見ません。どうしてですか? 昨シーズンのグランプリでは一位と三位でしたけれど、今シーズンは・・・・」。

—ロシア選手権は、選手生活で最も厳しい試合でしたか? すごい競争でしたから。

「いいえ。私とコーチは何か良い感じで過ごしました。コーチはこの試合に向けて準備と調整をしてくれましたから」。

—試合の後は自分の演技を見直しますか?

「基本的に見直します。でも日本でのクランプリの後は、それをするのが辛かったです。落ち着いてそれを見ることが出来ないような状況でした」。

—泣きたかった?

「ほぼ泣きたかった。でもあの後モスクワに帰って少し時間が経ってから、自覚して全てを見直しました。何が起こったのかを検討しました。今後あのような滑りをしないために何をすべきかをコーチとも話し合いました」。

—安定のために何が足りないのですか?

「もうそれは非常に多くのファクターが影響を及ぼすのです。緊張も、『物理』も、時として周囲の環境さえも」。

—不安と戦うための処方箋はありますか?

「働くことです。出来るだけ多く。練習で通し滑りをすることです。不安そのものは何処へも消えてくれません。どんなアスリートでも不安なのです」。

—オートマチックに出来るまで持っていくということでしょうか?

「一番は、自分をより良く知ろうと努力しなければなりません。そして正しく自分を整えるのです」。

—心理学者と一緒に仕事はしないのですか?

「しません。自分自身で乗り越えようとしています。もちろん、ママもコーチも助けてくれます。しかし、基本的に独力で調整しています」。

—音楽を聴くことは助けになりますか?

「時によります。時々妨げになることがあります。静けさが必要な時もあります。しかし、これが、自分自身を知らなければならないと私が言っていることです」。

—あなたはまだそれを知るプロセスにある、ということになりますか?

「はい、一人一人の人間は常にこのプロセスにあると私は感じます。全ての人に失敗はあります。でもこれは何かに左右されているのです。私たちは人間であって、ロボットではないからです」。

—ビデオは自分のだけを見るのですか。それとも他の選手の演技も?

「もし何か興味がある時だけ。自分のために何かを見て取ろうとする時」。

—誰かのようになりたいと思ったことはありますか?

「いいえ。私は個性を愛します。もし私が誰かと同じになったら、誰が興味を持って私を見てくれるでしょうか? それに一番嫌なことは、比べられることです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/08(金) 01:58:37|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/05 ドミートリー・アリーエフ「四回転ループとサルコウは、前よりもやるのが難しくなってきた」 | ホーム | 2016/01/05 ミハイル・コリャダー「誰にも似ていない自分のスタイルで滑りたい」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1689-310cb869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)