あれこれ

2016/01/05 ドミートリー・アリーエフ「四回転ループとサルコウは、前よりもやるのが難しくなってきた」

http://m.kp.ru/daily/26476/3347762/

2016/01/05 ドミートリー・アリーエフ「ペテルブルク代表とかウフター代表じゃなく、ロシア代表として滑っている」

====抜粋、引用====
(アリッサ・コズローワ)
「コムソモールカ(コムソモーリスカヤ・プラウダ)」のインタビューで、ドミートリー・アリーエフは、なぜコミ代表として滑っていないのか、新年をどう迎えたか、どのような四回転ジャンプが一番得意なのかについて語った。

ドミートリー・アリーエフは、フィギュアスケートジュニアロシア代表チームのなかでリーダーの地位をしっかりと固めた。2012年まで彼は、コミ共和国ウフターの町の普通の青少年スポーツ学校の野外の氷で滑っていたのに、今では世界の最強のスケーターたちとの競技に臨んでいる。バルセロナでのグランプリファイナルでは、ジュニアで2位になり、エカテリンブルクでのロシア選手権では、シニアの選手たちのなかで6位になった。

新年の休日にドミートリーは数日、故郷のウフターで過ごし、「コムソモールカ」とのインタビューのために時間を割いてくれた。

—ドミートリー、どんなアスリートでも新年は、家に滞在して家族と休息出来る滅多にない機会です。アリーエフ家の一員として2016年を迎えましたか?

「いつも通りです:テーブルを囲み、ママが様々なご馳走を料理し、たくさん話をしたり冗談を言ったり。何か特別な伝統はわが家にはありません。それにそういったものは必要ありません! 僕たちが皆一緒に集まること、それが重要なのです。僕は両親と7ヶ月会わなかったのです。自分の肉親や友人たちにとても会いたかったので、ウフターで数日過ごせてそれだけで幸せでした」。

—2012年にはまだ野外の氷で滑っていて、青少年スポーツ学校で練習していましたね。どのようにしてプロスポーツに出会ったのですか?

「それは2012年だったか2013年だったか正確には覚えていません。僕たちコミのフィギュアスケーターがサンクトペテルブルクでの合宿に連れて行かれました。ペテルブルクでは全員が演技をして、オリガ・グリゴーリエワの指導で練習しました。ウフターに帰った後、オリガ・グリゴーリエワが電話してきて、『すぐに用意して。ペテルブルクに行って、ルカヴィーツィンに見てもらうのよ』。と言ったのです」。

—エヴゲーニー・ヴラジーミロヴィチ(ルカヴィーツィン)との関係はどうでしたか?

「最初は簡単ではありませんでした。でもこれは自分が悪いのです。意欲も無しに練習して。どうして自分がこんなことになるのか少し理解出来なかったのです。僕は家族や友人たちがとても恋しかった。でも最初の正月休みで家にいる時、有名なことばを思い出したのです:『もし一度もリスクを賭けなかったら、決して幸せにはなれない』。その時自覚したのです:骨惜しみしないで働いて、練習しなくてはならないと」。

—あなたは練習で4つの四回転ジャンプを跳んでいることを知っています。素晴らしいわ。

「4つの四回転は、大げさに言われています。ある時練習で僕は四回転ルッツを試したのです。そしたら出来ました。一番上手くいくのは、四回転トウループです。これは基本のジャンプで全ての競技会で必須のものとして僕はやっています。四回転ループとサルコウは、僕が毎日練習しているジャンプです。二つとも以前は出来たのですが、今は少しやるのが難しくなったのです。

今世界のフィギュアスケートでは、4度の四回転を実戦でやっているのは、中国のボーヤン・ジンだけです。マクシム・コフトゥンは、フリープログラムで3度の四回転 — トウループと2度のサルコウ — を入れています」。

—タチヤーナ・タラーソワは、ロシア選手権でのあなたの演技の時、「素晴らしい少年だわ。今16歳。彼はまだこれから全てが出来るわ」とコメントしました。どういう意味だと思いますか?

「フィギュアスケートには、年齢が上がれば上がる程、新しいエレメンツをやるがより難しくなる、という面があります。ですからフィギュアスケーターは、14、15か16歳の若い時に、難しいジャンプやコンビネーションを習得し、定着させようとしています。今重要なことは、時間を無駄にしないで、ジャンプエレメンツの種類を増やし、それらを筋肉の記憶に定着させることです」。

—今、あなたの目標はユースオリンピックですね。同じプログラムで滑るのですか?

「はい、もちろん。今までのプログラムを練習し、力の限りの自己献身で試合に向けて準備するつもりです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/09(土) 01:29:11|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/08 ヴァレンチン・ピセーエフ「重要な点は、プルシェンコがスケート靴を放り出していないこと」 | ホーム | 2016/01/07 アンナ・ポゴリラヤ「全ての人は自分を知るプロセスにある」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1690-6b53b516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)