あれこれ

2016/01/08 ヴァレンチン・ピセーエフ「重要な点は、プルシェンコがスケート靴を放り出していないこと」

http://sobesednik.ru/sport/20160108-prezident-ffkkr-glavnoe-chto-plyushchenko-konki-ne-brosaet

2016/01/08 ヴァレンチン・ピセーエフ「重要な点は、プリューシェンコがスケート靴を放り出していないこと」

ロシア連邦スポーツ副大臣ユーリー・ナゴールヌィフは、シーズンの結果によってロシア代表チームメンバーは修正を加えられる可能性があると語った。これを受けて省の担当者は、フィギュアスケート連盟はエヴゲーニー・プリューシェンコの問題を再検討するかもしれないと指摘した。

しかし、プリューシェンコは2016年シーズンを休場しているが、このことは彼がロシアチームに入る障害にはならないようだ。ロシアフィギュアスケート連盟名誉会長ヴァレンチン・ピセーエフが語ったところでは、オリンピックチャンピオンは、メンバー入りを心配する必要はないということだ。

「彼はロシアチームに含まれているし、誰もプリューシェンコの問題を再検討しようという者はいない。エヴゲーニーはチームの一員であり、給料を得ている。われわれは今、拡大されたメンバー構成になっているので、彼のポジションを脅かすものは何一つとして無いし、彼がチームメンバーになるのを禁じようとする者は誰一人としていない。

確かに彼は競技に出場していないが、独自に準備している。つまりショーだ。それはもちろん公式な競技会ではない。しかし、ショーは準備のエレメントとして考えられていると言うことが出来る。最も重要なことは、彼はスケート靴を放り出していないということだ」。ヴェレンチン・ピセーエフは、「ソベセードニク.ru」(対談者.ru)にこのように語った。

もちろん、プリューシェンコの目標は、2018年の韓国での冬季オリンピックにある。

「オリンピックまでにはまだ二年半あるし、他の選手たちが自分の力を見せる可能性がある。少なくともロシア選手権は、ロシアには良い選手たちがいることを示した。マクシム・コフトゥンの滑りは非常に成功したと私は思う。彼は今までで一番良い滑りを披露した。ミハイル・コリャダーも良い滑りをした。この二人のアスリートは、プリューシェンコのライバルに十分なり得る。

エヴゲーニーは、もちろん、わがチームのなかで最も権威のあるフィギュアスケーターだが、最も強いアスリートだと見做されるためには、競技に出場しなければならない。もしエヴゲーニーがロシア選手権に出場し勝利したのだったなら、それを疑いなく言うことが出来ただろうが」。ヴァレンチン・ピセーエフはこのように語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/10(日) 00:58:52|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/10 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワは一人の道を行っている | ホーム | 2016/01/05 ドミートリー・アリーエフ「四回転ループとサルコウは、前よりもやるのが難しくなってきた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1691-7fbb843a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)