富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/01/19 セラフィーマ・サハーノヴィチ「自分の仕事をしなければならない」「羽生結弦は空から舞い降りた天使」

あれこれ

2016/01/19 セラフィーマ・サハーノヴィチ「自分の仕事をしなければならない」「羽生結弦は空から舞い降りた天使」

http://www.fsrussia.ru/intervyu/1725-serafima-sakhanovich-nado-delat-svoyu-rabotu.html

2016/01/19 セラフィーマ・サハーノヴィチ「自分の仕事をしなければならない」

ジュニア世界選手権およびジュニアグランプリファイナルメダリスト、セラフィーマ・サハーノヴィチにとって、今シーズンの開始は困難なものとなった。彼女は二回コーチを変え、そのことが結果に影響を及ぼさない訳には行かなかった・・・(抜粋、引用)

(オリガ・エルモーリナ)
—昨シーズン、モスクワでトレーニングしていた時、あなたは友人のエヴゲーニヤ・メドヴェージエワと本格的に競っていました。彼女は今、シニアで成功していますが、あなたはジュニアに残りました。何か上手くやってもらえなかったというような残念な気持ちがありませんか?

「まだ以前の自分のレベルに戻れないことは少し残念ですが、でもそれはこの世の終わりではありません。今私はジェーニャを追い駆けてはいません。ジェーニャはもう有名人です。といっても、本格的には彼女は変わってはいませんが。でも、このようなことの全てを追いかける考えは、私には無いのです。私は自分の仕事をしなければならない、それだけです。プログラムをクリーンに滑り、少し失ってしまった権威を獲得すること。時間とともに必ず取り戻します」。

—今、重要なことは忍耐ですか?

「まさにそうです。それはとても難しいことですが。時々自分で感じることは、今私がプログラムをクリーンに滑ったとしても、図々しさというか、競技への気迫が少し足りないということです。私は少し柔らかくなって、全ての人たちと良い付き合いをしています。でも私は何か境界を定めるというようなことを学ばなければならないのです:生活では全ての人たちと良い関係を作って、氷に出たなら、もっと厳しくなるという。だってこれはスポーツなのですから」。

—今シーズン、どんなアスリートがあなたを驚かせましたか?

「羽生結弦です。彼の滑りからショックを受けました。ポーランドの大会に出場していた時にワレンチン・ニコラエヴィチ・モロトフがやって来て、羽生が世界記録を樹立したと言いました。だってエレメンツの全てがプラスだった訳じゃないのに(原文のママ)、彼は300点以上獲得したのです。バルセロナのグランプリファイナルでの彼の滑りを見た時には、これは空から舞い降りた天使だと私には思えました。何と素晴らしい滑りだったことでしょう!」。

—どうしてあのようなことが出来るのでしょうか?

「彼は氷の上の自分を、水の中の魚のように感じているのだと思います。出て行くと、もう自分の前の何も、誰も見ていない。あるのは、彼と音楽と彼のプログラムだけ。彼にとってはライバルもいない、彼は自分のために滑っていて、自分のやっていることから喜びを得ているのです。だからこそ記録を打ち立てるのです。皆が彼を愛していますし、彼は皆に気に入られています。彼はそれを感じていて、彼も皆が好きなのです。それが全てなのです。

今、氷上で彼がやっていることは、彼にとっては仕事ではないのです。それは喜びです。彼のジャンプは、10本中10本が決まります。彼はエレメンツをオートマチックに遂行していますから、なめらかに、流れるように、正確に、蓋然的に出来るのです。それは見れば分かります。それはステップでも言えますし、エレメンツもそうです。だからプログラム全体が、別物に見えるのです。彼はまるで音楽の中に溶け込んでいるかのようです。

しかし、これら全てに結弦は苦労をして到達したのです。だって以前は彼にあのようなものは無かった。しかし彼は働き、そして働いた。そこでは、汗を流した分だけ得られるのです。たとえ最初は、全てが出来る訳ではなくても、降参してはダメ。なぜなら、それは蓄積されていく途中のプロセスなのだから。遅かれ早かれ全ては実を結ぶ。それは土に植えられた穀物が成長していくのと同じです」。

—あなたのことばから判断すると、ペテルブルクでは心理的により快適に練習しているようですね。

「もちろん、ここには私の家があり、家族、友人・・・がいます。オリンピック予備学校で学業を続けています。遠隔授業ですが。家庭教師と学んでいます。必要がある時には登校してテーマの試験を受けます。

心理的面ではペテルブルクの方が、モスクワよりもはるかに私には快適です。両親、祖母、姉妹、姪もいます。それにここの生活は別物です。モスクワでは群衆に抑圧されてどこかへ連れていかれるような感覚がいつもありました。あくせくとした喧騒も多いです。ペテルブルクも人は多いですが、より自由に息が出来ます」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/20(水) 01:29:11|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/18 ヴォロソジャル/トランコフ、ストルボーワ/クリーモフ、ソトニコワはArt on Iceに出演する | ホーム | 2016/01/18 エレーナ・ラジオノワ「成長期は、マイナスよりもプラスが多いと思う」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1705-79731f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </