富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/01/21 ニーナ・モーザー「ヨーロッパ選手権を前にして、ストルボーワは安定して四回転スロージャンプを跳んでいる」

あれこれ

2016/01/21 ニーナ・モーザー「ヨーロッパ選手権を前にして、ストルボーワは安定して四回転スロージャンプを跳んでいる」

http://tass.ru/sport/2604481

2016/01/21 ニーナ・モーザー「ヨーロッパ選手権を前にして、ストルボーワは安定して四回転スロージャンプを跳んでいる」

モスクワ、1月21日、TASS。
ペアでフョードル・クリーモフと一緒に滑っているロシア代表チームのフィギュアスケーター、クセーニヤ・ストルボーワは、ヨーロッパ選手権を前にして安定して四回転スロージャンプのエレメントを行っている。二人のコーチであるニーナ・モーザーがTASSにこう語った。

「クセーニヤ・ストルボーワとフョードル・クリーモフの練習のなかには、四回転スロージャンプのエレメントも入っています。ヨーロッパ選手権のスケジュールは非常に悪いのですが、クセーニヤは降伏せずに、大会でそのエレメントを行うつもりでいます」。モーザーはこう語った。

またモーザーは、エヴゲーニヤ・タラーソワ/ヴラジーミル・モローゾフ組は、アレクサンドル・スミルノフと滑っているユーコ・カワグチの怪我をどう受け止めているかについても語った。カワグチは水曜日(20日)、練習中に深刻な怪我を負い、アキレス腱断裂と診断された。カワグチは水曜日、サンクトペテルブルクのクリニックで手術を受けた。手術は合併症など無く済んだ。

「私と選手たちはカワグチの怪我を議論しませんでした。フィギュアスケートは、いまやそれをやっている人たちに満足をもたらすスポーツ種目ではなく、怪我の危険を伴う状況に変化しました。皆が常時、怪我の淵で滑っています。ですから、いつでもそのようなことが起きる可能性があることを十二分に理解しています」。モーザーは語った。

「タラーソワとモローゾフは補欠でしたから、準備をしていましたし、このような状況が起きる可能性があることを分かっていました。そして実際にカワグチに起こりました。シーズンに向けて準備をし、働き、良いパフォーマンスをして来た選手にとって、これは悲劇です」。

コーチは、ヨーロッパ選手権に向けて準備を続けている自分の生徒たちのコンディションについて語った。「エヴゲーニヤ・タラーソワとヴラジーミル・モローゾフは、ロシア選手権時の仕事を減らしていません。彼らはグループの全ての練習に参加しています。彼らは全ての代表メンバーと同様、それにふさわしい準備を進めています」。モーザーはそう付け加えた。

ヨーロッパ選手権は、ブラチスラバで1月25日から31日まで行われる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/22(金) 23:50:09|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/22 ドミートリー・アリーエフ「二度目のトウループの後、衣装のホックが外れた」 | ホーム | 2016/01/20 アレクサンドル・スミルノフ「ユーコは僕を待っていてくれたのだから、今度は僕が彼女を待つ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1710-54622788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </