あれこれ

2016/01/23 ポリーナ・ツールスカヤ「結果を出すためにさらに練習しなければならない」

http://www.fsrussia.ru/intervyu/1770-polina-tsurskaya-nuzhno-rabotat-dalshe-chtoby-dobivatsya-rezultatov.html

2016/01/23 ポリーナ・ツールスカヤ「結果を出すためにさらに練習しなければならない」

(オリガ・エルモーリナ)
フィギュアスケーター、ポリーナ・ツールスカヤは、初めてロシアジュニア女王になり、冬季ユースオリンピックと世界ジュニア選手権に選抜された。演技後の彼女の話では、このロシアジュニア選手権への準備は今までの大会とはいささか様相が違っていたのだが、困難を克服出来て嬉しいし、自分を褒めたいという。

「ジュニアグランプリファイナルの後、困難な時期がありました。この大会に向けてコンディションを整えるのが少し大変でした。

ロシア選手権に向かう時の方が少し簡単でした — コンデシションがまだ維持出来ていたから。でもお正月が過ぎるとプログラムを滑り込むのに小さな問題が生じました。でも自分ではそれを克服したと考えています。ですからここチェリャービンスクでは、最近のなかで最も良い滑りを見せることが出来ました」。

—プラス面とマイナス面は?

「ショートプログラムでは良い滑りをしました。フリープログラムでは全てのエレメンツをやりましたが、最後のレイバックスピンがうまく行きませんでした。その練習はしたと思うのですが、でもやはりビールマンが上手く出来ませんでした。ジャンプに関してはより自信があったと言えますし、機能的コンディションもより良いものでした」。

—褒めるとしたら自分の何を褒めたいですか?

「自分の状態を克服出来たことです。今までの大会では、準備はもっと容易でした。随分と長い期間私は良い滑りをしてきました。でも、今回はすぐには良い状態に持って行けませんでした。文字通り大会一週間前になって、やっとプログラムをクリーンに滑り始めたのです。自信が出てきました。ですから結果には満足しています」。

—そのように調子が落ちた原因は何なのでしょう?

「多分、少し疲れていました。おそらく、グランプリファイナルでの勝利の後、少し気が緩みました。しかし、エテリ・ゲオルギーエヴナ・トゥトベリーゼが説明してくれました:気を緩ませてはいけない、まだシーズン半ばなのだし、ジュニアグランプリファイナルでの勝利は、それは足掛かりのようなもので、実際にはまだ何にも勝利していない。高い結果に到達出来るように、これからも練習を続けなければならないのだ、と」。

—このロシアジュニア選手権は重要な役目がありました。ユースオリンピックと世界ジュニアの選抜が行われたのです。このことはプレッシャーになりましたか?

「私は、ユースオリンピックにはとても行きたいです。そこでは個人戦と団体戦があると言われていますし。でも団体戦のルールは、ソチの時とは少し違っています。ユースオリンピックでは、団体戦のメンバーが様々な国のスケーターで構成されます。でもいずれにせよ、個人戦と団体戦で自分の力を試してみたいです。ロシアからはユースオリンピックに2名の女子スケーターが行きます。うまくやれると思います。オリンピックへの自分の出場は興味深いですし、発奮材料になりますし、大きな責任を感じます」。

—オリンピック、その後は世界選手権、シーズンは長いものになりますね。

「でもそれは問題ではないと思います。コーチたちも、両親も、友人たちも、一緒に仕事をしている全ての専門家たちも私を応援してくれています。彼らの応援と自分には目標があるという認識があるからこそ、克服しようと頑張っていけると思います」。

—そのような意志はどこから来るのでしょう?

「意志が問題なのではありません。ただ、私のために家族がモスクワに移って来たということを理解しているだけです。家族が別居したのです。兄弟、祖母、祖父、親しい友人たちはオムスクに残って、パパとママが私と一緒に転居しました。肉親がこのようにしているのですから、私は彼らを嫌な目に合わせることは出来ないのです —結果を出さなくてはなりませんし、そのためには沢山練習しなければなりません。実際、これが強いモチベーションになっています」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/25(月) 00:17:23|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/25 エレーナ・ラジオノワ「ショッピング、それは演技後に緊張を取り去る素晴らしい方法」 | ホーム | 2016/01/20 タマーラ・モスクヴィナ「ユーコは着地して、叫び声を上げて座り込んだ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1713-e3f642fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)