あれこれ

2016/01/30 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「トリプルアクセルをやることは約束しない。もしかしたらシーズン最後に四回転サルコウの習得を試すかも」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1036692353.html

2016/01/30 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「トリプルアクセルをやることは約束しない。もしかしたらシーズン最後に四回転サルコウの習得を試すかも」

ロシアのフィギュアスケーター、エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、ブラチスラバのヨーロッパ選手権での自らの勝利についてコメントした。Sports.ru特派員スヴェトラーナ・ヴェークリチェワがブラチスラバから伝える。

「今日、キスアンドクライに座っていた時、私は初めて幸せで泣きました。私はこのように感情を露わにしたことは一度もありませんでした。それは一気にやって来て、とても思いがけないものでした。私はとても幸せでした・・・とても言葉で伝えることは出来ません!」。

—エレーナ・ラジオーノワがフリープログラムのために出て行って、どんな滑りをしたかを知っていましたか?

「いいえ、レーナの点数が聞こえないように手で耳を覆っていました」。

—得点を知らないことがどうしてそんなに大事だったのですか?

「実は私はいつも耳を覆うのです。それがくせになっています。私がとても迅速にプログラムの用意が整ったことと、裏腹の関係でちょうど一致しています。実を言えば、もし私が得点に聞き耳を立てたとしても、それらは一切私の耳に入ってこないでしょう。私にはそういった気難しさがあるのです」。

—将来においてトリプルアクセルが武器として必要になってくるかもしれないと思いますか?

「トリプルアクセルに挑戦するだろうとは約束しません。少なくとも今年は絶対ありません。もしかしたらシーズンの最後に四回転サルコウの習得を試すかもしれません。言っておきますが、これは単に私の推測に過ぎません」。

—あなたは四回転サルコウに興味がおありなの?

「私は、正直言って、まだそれを跳ぼうと試したことは一度もないのですが、でももしプログラムの難易度を上げるという話になれば、最も可能性の高い選択肢は、まさにこのサルコウです。今皆が理解しているように、ダブルアクセル(あるいは同様にトリプルアクセル)は、確かに必要なものではありません」。メドヴェージェワはこのように語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 22:49:04|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/01/30 アンナ・ポゴリラヤ「戦おうと心に決めたが、それであってももう少し落ち着いて滑るべきだった」 | ホーム | 2016/01/30 エレーナ・ラジオノワ「2016ヨーロッパ選手権よりも良い滑りが出来る」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1728-2122a5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)