あれこれ

2016/01/30 オレーク・ヴァシーリエフ「ヴォロソジャル/トランコフ組は世界選手権への準備において真剣な練習をしなければならない」

http://rsport.ru/figure_skating/20160130/892874925.html

2016/01/30 オレーク・ヴァシーリエフ「ヴォローソジャル/トランコフ組は世界選手権への準備において真剣な練習をしなければならない」

モスクワ、1月30日、R-Sport、ヴェロニカ・ストルブノワ。
ペアスケートソチオリンピックチャンピオン、タチヤーナ・ヴォローソジャル/マクシム・トランコフ組は、もし、2016年世界選手権に出場して納得のいく演技をしたいのなら、準備のために大変な練習が必要になるだろう。ロシア功労コーチ、1984年ペアスケートオリンピックチャンピオン、オレーク・ヴァシーリエフは、R-Sportにこのように語った。

土曜日、ヴォローソジャル/トランコフ組は、ブラチスラバで終了したヨーロッパ選手権で、ドイツのアリョーナ・サフチェンコ/ブルーノ・マッソ組を21.88ポイント引き離して優勝した。

「もし、彼らの今日の滑りを世界のなかで見てみるとすれば、そこには、中国、アメリカ、カナダなど別のライバルたちが立ち現れるだろう。また私にとってのもう一つの疑問は、一体ヴォローソジャルとトランコフは世界選手権に行くのだろうか、ということだ。しかし、もし彼らが行くのなら、単によく見える演技ということだけでなく、リーダーに相応しい演技を見せるために、非常に真剣な練習をしなければならない」。ヴァシーリエフは電話でこのように語った。

「全体的、全般的には何の問題も無かった。しかし、ライバルたちが非常に強いという訳ではないヨーロッパ選手権においては問題が無い演技だったということだ。今日の彼らの滑りは、二人がロシア選手権で見せたものに匹敵する。二ヶ月後の世界選手権でどうなるのかは私には分からないが、今日は素晴らしかったし、勝利に値するものだった」。ヴァシーリエフはこう付け加えた。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 19:38:52|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/02/01 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「それどころか、女子スケートにおいて私たちが四回転を見るのは、一度だけではないと思います」 | ホーム | 2016/01/30 アンナ・ポゴリラヤ「戦おうと心に決めたが、それであってももう少し落ち着いて滑るべきだった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1730-be48a00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)