あれこれ

2016/02/24 オレーク・ヴァシーリエフ「スイ/ハン組の女性パートナーは左目が見えなかった。男子シングル、世界選手権では誰が勝つか分からない」

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/886111

2016/02/24 オレーク・ヴァシーリエフ「ロシアのペアスケート指導者たちは競争を望んでいない」

=====一部だけ抜粋====
(アンドレイ・シモネンコ)
少し前のロシアカップファイナルでヴェーラ・バザーロワ/アンドレイ・ジェプタート組が勝利したことが、彼らのコーチであるオレーク・ヴァシーリエフと少し話をする理由となった。しかし、その際フィギュアスケートの他の焦眉の諸問題に関しても触れない訳にはいかなかった。会談はメドヴェトコヴォのリンクで行われた。ロシア功労コーチであり、1984年ペア競技オリンピックチャンピオンであるヴァシーリエフは、そこで働いている。

—先日四大陸選手権が行われましたが、そこでは去年の世界選手権銀メダリスト、中国のスイ・ヴェンジン/ハン・ツン組が、幅の広い、飛行距離のある四回転スロージャンプを行いました。それは、三回転かと思える程に女性パートナーは軽々と飛び出しました。あのような四回転のためにリスクを冒す必要があるのでしょうか?

「ある面ではそうだ。あれは美しくもあり、非常に効果的に見え、まるで何の努力も無いかのようだった。その一方で、少数の人たちしか知らないけれども、あのペアの女子選手は、大会の一週間前にあのようなスロージャンプで転倒し、頭の左の部分を打ったのだ。ちょうど、ナターリヤ・ザビヤーコが重い怪我を負った時のように。中国の女子選手は、左目の視力を失った。今回このペアが四大陸選手権で滑ったが、彼女の左目は見えなかった。彼らは大会を欠場せずに、今まで通りの構成で滑り、世界選手権の前に彼女の治療をすることに決めたのだ。

そこで問題だ:このような素晴らしい、美しいスロージャンプはこのような犠牲をともなってもやる価値があるのか? ついでに言えば、ダン・ジャン/ハオ・ジャン組は、2000年代の中頃、同じような四回転スロージャンプを、飛行距離もあり、しかも高速でやっていた。しかし、問題は、このエレメントからの転倒は全て非常に危険なことだ。シングル選手の四回転ジャンプとは違うのだ」。

—四回転スロージャンプを禁止する必要があるとお考えですか?

「いいや。僕は制限しようという立場ではない。スポーツ自身が決めるだろう。フィギュアスケートはオリンピック種目だ。僕たちはオリンピック憲章で生きている。それはこうだ:より高く、より速く、より強く。ただ、どのような道が勝利につながるのかという問題は起こる:良質の三回転スロージャンプを行って、8ポイント余を獲得するか、それとも天才的に行えば10ポイント余の価値がある四回転スロージャンプに固執するのか? 実際のところ差は2ポイントだ。この2ポイントと健康が引き合うのか?」。

—同じく四大陸選手権で、中国のジン・ボーヤンは4度の四回転ジャンプをクリーンに遂行しましたが、勝利したのは、最後に演技して、必要とされた自己記録を4点上回ることに成功し、フリープログラムを克服したパトリック・チャンでした。

「パトリックにとって大きな勝利だったのは、単に試合で勝利し自己新記録を打ち立てたことだけではなく、二つのトリプルアクセルを組み込み、その一つは後半に入れたプログラムを初めてクリーンに滑ったことでもある。このジャンプに関して彼には心理的偏見があるのだ」。

—世界選手権では誰が勝つと想いますか、分かりませんか?

「分からない。何故なら、羽生結弦がグランプリ日本大会とバルセロナのグランプリファイナルで見せたような滑りを、毎回の試合で披露することは不可能だからだ。あれは奇跡だったし、僕の考えでは、あのようなことが起きるのは、シーズンに1度、最大限で2度だ。もし結弦があれをもう一度繰り返すことが出来るというのなら、彼の現実離れした素晴らしい滑りを堪能することにしよう。もし出来なかったら、その時には、モンスターたちの戦いを堪能することにしよう」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/02/26(金) 00:51:30|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/02/24 タマーラ・モスクヴィナ「ユーコ・カワグチは既に化粧講座コースを終了した」 | ホーム | 2016/02/24 ドミートリー・アリーエフ「子どもの頃、僕はペッテル・ノールトゥグを追いかけた。でも今は羽生結弦を追いかけなければならない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1753-14bd0191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)