あれこれ

2016/03/14 エヴゲーニー・プルシェンコはイスラエルで手術を受けた

http://www.fsrussia.ru/intervyu/1980-evgeniyu-plyushchenko-sdelana-operatsiya-v-izraile.html

2016/03/14 エヴゲーニー・プリューシェンコはイスラエルで手術を受けた

フィギュアスケーター、エヴゲーニヤ・プリューシェンコは、イスラエルで脊椎頚椎ヘルニア摘出手術を受けた。手術を行ったのは、彼の主治医イリヤ・ペカールスキーだ。手術の必要性について、エヴゲーニー・プリューシェンコとイリヤ・ペカールスキーが詳細を語った。

「イスラエルのクリニックでの診察時に、第6と第7頚椎間にヘルニアに見つかった」。エヴゲーニー・プリューシェンコはコメントした。「ヘルニアは神経を圧迫し、その結果実質左手が動かなかった。だから僕は手術に踏み切らざるを得なかった。四日程は通常の生活から離れるが、その後は徐々に回復が始まる。医者が即刻警告したことは、最低5ヶ月間は跳び上がることや、全てのジャンプは禁止で、それ以外の全ては — 床上、氷上でのトレーニングは禁じられていない」。

二度のオリンピックチャンピオン、オリンピックメダリストは、痛みは以前もあったと説明した。
「これらの痛みのせいで今シーズンを欠場せざるを得なかった。ショーは鎮痛剤を使用して出演していたが、最近の舞台はやっとさ最後まで滑った。だから、試合への準備を続けるためには、このヘルニアを摘出する必要があったし、他の選択肢は無かった」。プリューシェンコはこう語った。

エヴゲーニーは、この問題が起こったことで日本、中国、ブルガリア、その他の国々でのショーを中止すると付け加えた。それは25回の出演だった。自分の巡回公演を彼は秋の9月に再開する予定でいる。

「僕は身体上ショーで滑れない。最初は首コルセットを付けなくてはならないから。しかし時間を無駄に失いたくない。この期間、僕は全力でのトレーニングを禁止されているから、ボリショイ劇場の演出家セルゲイ・フィーリンとユーリー・ポソホフと一緒にプログラム作りを続けるつもりだ。まだ時間はあるし、それを有効に使わなければならない。全体としてここ数ヶ月間の主要な課題は、何もトレーニングを続ける妨げにならないように全快し、その後は状況を見て行くことだ。2018年オリンピックに出場する計画に変更はないし、仕事を続けて行く」。プリューシェンコはこうコメントした。

プリューシェンコの主治医イリヤ・ペカールスキーは、ロシアフィギュアスケート連盟のサイトに、プリューシェンコが現役を続行するためにはこの手術は必要だったと語った。

「エヴゲーニーを診察した後、首の部分の深刻な問題が明らかになった。選択肢は二つだった。第一:当面手術を回避することを試みて、鎮痛剤のブロック注射や他の処置をすること。しかし、このような治療には2~3年かかるだろうし、この期間中はスケート靴を履いてはいけない。実質これは現役引退を意味するだろう。2~3年というのはアスリートにとっては非常に長い期間だし、スポーツに全生活を懸けた人間にとって、このシナリオは受け入れられないものだった。だから私のことばを聞いたジェーニャには、この選択肢は考える迄も無かった。

第二:手術を行うこと。彼には手術が不可欠なものに思えたし、経験ある専門家としての私には、何の疑問も無かった。頚椎の問題からジェーニャの左腕は弱っていた。それは普通の人間よりも弱かった。私はこれをジェーニャと彼の妻ヤーナに目に見える形で実演して見せた。女性の手でさえもっと強かった。ジェーニャは自分の指を良く感じていなかった。私にとって、これは手術への重要な指標だった。

今後のこと? 手術後6週間は、ジェーニャは特別の取り外しのきくコルセットを付けなければならない。彼はそれを短い時間外していることが出来るが、再発を防ぐために、睡眠時や移動時は必ずコルセットを装着する。一ヶ月半か二ヶ月後位には、彼は泳ぐことや、床上での運動を始めることが出来る。三ヶ月後位には、氷に出て滑ることを始められる。ジャンプに挑戦するのは、その後だ。

もしプリューシェンコが全ての指示を遂行し、何の無理もしないのなら、六ヶ月後には、通常のトレーニングに着手出来るだろう。出来るだけ早く負荷に適応するためには、彼はこの期間最小限のコンディションを維持しなければならないことは当然だ」。イリヤ・ペカールスキーはこう語った。

エヴゲーニー・プリューシェンコの手術は月曜日(14日)に行われた。現在の彼の状態は良好だ。一定期間彼はイスラエルに留まり、その後回復に着手する。
(オリガ・エルモーリナ)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/15(火) 12:58:06|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/03/12 タマーラ・モスクヴィナ「通常怪我の後、カワグチはとても簡単に回復する。今回はどうなるか見てみよう」 | ホーム | 2016/03/14 彼女たちは待機中。ソトニコワ、リプニツカヤ、トゥクタムィシェワは、コンディションを維持している>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1775-7684f4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)