あれこれ

2016/03/19 アレクサンドル・サマーリン「この点数と順位は僕のものではない」

http://www.fsrussia.ru/news/2017-aleksandr-samarin-eti-bally-i-mesto-ne-moe.html

2016/03/19 アレクサンドル・サマーリン「この点数と順位は僕のものではない」

ロシア選手権メダリスト、アレクサンドル・サマーリンは、デブレツェンでの世界ジュニア選手権での自分の演技(総合4位)についてコメントした:

—サーシャ、少し前のロシアカップファイナルであなたは素晴らしく滑り、デブレツェンではどのような妨げがあろうとも同じように滑れるよう世界選手権への準備は出来ていると話しましたね。

「何が起きたかについて今すぐに答えることは出来ない。燃え過ぎた訳じゃない。それは確かだ。全てが素晴らしく行っていた。でも・・・理解し、全てを検討する時間が必要だ。もっと練習しなければならない。良い準備は出来ていたけれど。必要な時に自分の全ての練習成果を出すことが出来ずに残念だ。

僕とコーチのスヴェトラーナ・ヴラジーミロヴナ・ソコローフスカヤは、たくさんの仕事をやってきた。僕は、彼女や僕たちを助けてくれた全ての人たちにとても感謝している。進歩はある。これらの点数や順位は僕のものではない」。

—たくさん練習しているとあなたは言いました。しかし、安定性を上げるためには、練習でより目的意識をもった滑りをする必要があるのでは?

「僕たちは実際たくさんの練習をしている。しかし成長期には、自分を調整するのが非常に難しいのだ。前のコーチと一緒の時の最後のシーズンでは、どうにもならなかったが、今は大きなステップでものになろうとしている。結果は出ると思う。ただ少し時間が必要だ」。

—あなた自身は結果を出したいと思っていますか?

「あなたはまだ質問しているのですか? でも一方はあまり望んでいませんが。確かに、僕はコーチとたくさん働いている。僕にはトレーニング量が不足しているのではない。問題は多分、試合でのパフォーマンス自体への僕の対応にある」。

—と言いますと?

「問題は、試合前のストレスがかかる状況のなかで僕のコンディションが変化することだ。つまり、トレーニングのなかでもっとストレス耐性をつける練習をやっていくつもりだ。これは心理的面ではなく、身体の全体的コンディションのことだ。頭に関しては、僕は全く問題ない。僕のコーチには再度深く感謝をしたい。彼女は頑張ったし、全てをやった。でも正直言うと、僕は彼女を嫌な目に会わせたと思う」。
(オリガ・エルモーリナ)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/20(日) 00:02:01|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/03/19 アリサ・フェージチキナは、世界ジュニア選手権を怪我のため棄権する | ホーム | 2016/03/17 最低限は合格した。ロシアのスケーターたちが世界ジュニア選手権でリードした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1782-e084f176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)