富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/03/20 なぜイスラエルのフィギュアスケーターが、ロシアのスケーターにしばしば勝利するのか。

あれこれ

2016/03/20 なぜイスラエルのフィギュアスケーターが、ロシアのスケーターにしばしば勝利するのか。

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/892095

2016/03/20 Have fun. なぜイスラエルのフィギュアスケーターたちが、ロシアのスケーターにしばしば勝利するのか

(アンドレイ・シモネンコ)

=====一部抜粋====

イスラエルのフィギュアスケーター、ダニエル・サモーヒンは、既に今シーズンの秋、サランスクでのチャレンジャーシーリーズ「モルダヴィアン・オーナメント」で鮮やかに輝いた。「僕には目標があります — イスラエルのスケーターたちは良くやっていると皆が分かるように、二つのプログラムで5度の四回転ジャンプをすることです。それにそもそも僕がここにいるのは、『ファン』のためです」。彼はその時、モルダビアの首都でこのように語った。

自分自身が嬉しい時こそ、ファンたちも幸せになる。自分自身の喜びのためという意味をも含んだ、「僕はファンのためにここにいる」というこのキーフレーズを、サモーヒンは一瞬ごとに自分の様子で皆に示す。彼はお祭り男だ。彼は四回転ジャンプを回っている時でさえ、観客の誰かにウインクする用意があるかに見える。確かに、これらの四回転を彼はいつも出来る訳ではない。しかし、上手く行かない時でも、アラブ-イスラエル戦争に単独で敗北したばかりでいかなる罰も受ける用意がある、というような様子でミッスクゾーンに現れることはない。いつも同じスマイルで現れるのだ。「僕はファンのためにここにいる」と。

デブレツェンでサモーヒンは、ショートプログラムで躓き、9位と出遅れた。しかし、この後、どのようにして自分の祖国を救って、来季の世界ジュニア選手権のためにせめて2枠でも持ち帰ろうなどと思い悩むことはなかった。競技会の後、もし全てが悪かったら、イスラエルフィギュアスケート連盟が彼の頭を叩くだろう、などと彼は考えなかった。そうではなく、彼はいつもと同じくファンのためにフリープログラムに出て行き、自分の三つの四回転ジャンプに突進し、その他の全てもほぼクリーンに遂行し、そして金メダルを獲得した。そして表彰式では、もし、四回転を一度もせずに何も獲得出来なかったなら、通りかどこかでやったかもしれなかったような、そんなおどけた真似をしてみせるのだった。

大体、「イスラエルのフィギュアスケーター」と言ったら、20年前位だったなら、ひどく突拍子もないものに聞こえた。「ブラジルのアイスホッケー選手」と同じくらいに。しかし何らかの時点で、イスラエルではフィギュアスケートに大きなお金を投入するようになった。そして2002年には世界選手権のアイスダンスでガリト・チャイト/セルゲイ・サフノフスキー組というメダリストが生まれた。この冬には、アレクセイ・ブィチェンコというヨーロパ選手権メダリストも出た。そして今や世界ジュニアチャンピオンだ。しかし、彼らのうち誰一人、氷に出る時に、テルアビブが勝利を待ち望んでいるとは思わなかっただろう。全ては、「ファン」のためだった。

このように、スポーツというものは、大体全て「ファン」のためにあることをわれわれロシア人は皆忘れていたと思う。すなわち、もちろん、オリンピックの勝利や月への飛行における国家の威信の本質に関する有名な発言を誰も否定はしないけれども、それをあまりにも文字通りに受け取ってはいけない。さもなければ、深刻な問題を回避出来ない。ジュニアのスポーツにおいて子供たちが、どんなことがあっても祖国を貶めたくはないという一つの思いで競技に出て行く時、この思いは彼らを頭の先から足の先まで侵食している。より正確には、侵食しているというそれこそが、「バーンアウト」と呼ばれるスポーツ上の概念自体の原因だ。それゆえに、若干のアスリートたちが、競技会を、全ての手段が許される戦争のように受け取り始め、スポーツにドーピングが存在するのではないか? 
・ ・・
もちろん、われわれには、国としての独自の道があり、それに沿ってわれわれが進んでいることは分かる。全員が祖国の防衛に着いたり、後方の働き手だし、われわれの人生の全ては — 永遠の戦いだ。しかし、16や17歳のフィギュアスケーターが氷から戻って来て記者たちに、大動脈が破裂するまで滑りました、と話しているのを聞くと、ただ彼らを抱きしめて、言いたくなる:君たち、大動脈はまだ君たちには役に立つよ。もちろん、君たちが大動脈とは何なのか、どこにあるのかを知っていればの話だけどね。Have fun.
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/27(日) 05:04:52|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/03/26 世界で最初に全てのトリプルジャンプをクリーンに跳んだイーゴリ・パシュケーヴィチが、マイアミにて悲劇的死去 | ホーム | 2016/03/24 ツールスカヤとフェージチキナは靭帯損傷と診断された>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1790-a9bc6ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </