富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/03/28 世界選手権、女子シングルの見所

あれこれ

2016/03/28 世界選手権、女子シングルの見所

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/893972

2016/03/28 メドヴェージェワは、メドヴェージ(クマたち)の街へ金メダルを獲りに行く

(アンドレイ・シモネンコ)====一部抜粋====
☆ 女子シングル☆
優勝候補:
今のところ全てが象徴的になっている。エヴゲーニヤ・メドヴェージェワの星は、まさにアメリカで秋に灯った。そのアメリカのグランプリ大会で、地元のお気に入りのグレイシー・ゴールドを破って金メダルを獲得し、シニアで初めての大きな勝利を手にしたのだった。その後、この若いロシアのスケーターは、グランプリファイナルのバルセロナとヨーロッパ選手権のブラチスラバのアリーナを征服した。そして今、このメドヴェージェワが、ボストンでの世界選手権の主要な金メダル候補になっている。

主要な候補ではあるけれども、唯一の候補ではない。エレーナ・ラジオーノワとアンナ・ポゴリーラヤという二人のロシア選手たちも、技術、芸術性とも全く引けを取っていないし、そのことを、今シーズン一度ならず披露してきた。もし、三人のロシア女子が世界選手権の表彰台に上れば、フィギュアスケートの地政学の観点から驚くべきことになろうが、しかし、現実的ではない。

ダークホース:
この種目では、素晴らしいロシアトリオのライバルたちは、全選手だ。最も重要なダークホースは、日本の宮原知子で、彼女は素晴らしい点数で四大陸選手権を勝利した。また同じ日本の、三度の世界女王浅田真央の力は議論の余地が無い。彼女がジャンプを回りきる時には、大きなことが出来る。そして、グレイシー・ゴールド。アメリカのフィギュアスケートファンたちは、目もくらむばかりの美女がどのようにしてホームの氷で勝利するかをを何も手につかずに見ている。

見所のポイント:
今シーズン、日本のシングルスケーター羽生結弦は、次々と得点の世界記録を打ち立てた。われわれロシアのエヴゲーニヤ・メドヴェージェワは、世界記録に限りなく近づいただけだった。ボストンでは世界記録を越えられるだろうか? 今シーズンのメドヴェージェワの得点の動きから判断すると、世界選手権では完全なプログラムに対してジャッジたちは、出し惜しみをしない用意がある。大事なことは、ジェーニャ自身が出来ることの全てを見せる準備をしておくことだ。それに地元ホッケーチーム「ボストン・ブルーインズ」のホームリンクが彼女を助けてくれるだろう。選手たちはメドヴェージ(Bears)と呼ばれているのだから。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/30(水) 03:17:33|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/03/28 エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ「ボストンの女子レースのリーダーは、宮原知子に見える」 | ホーム | 2016/03/28 世界選手権、男子シングルの見所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1795-39c7490c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </