富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/04/23 チームチャレンジカップ、ショートプログラムでヨーロッパチームは3位

あれこれ

2016/04/23 チームチャレンジカップ、ショートプログラムでヨーロッパチームは3位

http://news.sportbox.ru/Vidy_sporta/Figurnoe_katanie/spbnews_NI605099_Komanda_Jevropy_s_Medvedevoj_i_Radionovoj_idet_na_tretjem_meste_posle_korotkoj_pro

2016/04/23 チームチャレンジカップ、ショートプログラムでヨーロッパチームは3位

アメリカで始まった団体戦非公式世界選手権(チームチャレンジカップ)、ショートプログラムでアジアチームが勝利した。ロシアのミハイル・コリャダー、セルゲイ・ヴォーロノフ、エレーナ・ラジオーノワ、エヴゲーニヤ・メドヴェージェワがメンバーに入っているヨーロッパチームは、3位になっている。

この競技会は、通常とは違った規則によって行われている:それぞれの種目で全ての選手は三つのグループに分かれる。それぞれのグループの勝利者は12ポイント、2位は10ポイント、3位は8ポイント獲得する。6人のシングルスケーターのポイント合計の結果、勝利者の大陸が決定される。ショートプログラムの結果で選手たちは、13万2千ドルの賞金を分ける。シングルスケーターたちのショートプログラムの点数は、チームチャレンジカップでのチームの総合成績には影響しない。(Sportbox.ru)

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1039310023.html

それぞれのチームの3人の男子選手と3人の女子選手が、3人ずつのグループ(一つのグループには、それぞれのチームの一人の代表がいる)に分かれてショートプログラムを披露する。それぞれのグループの勝利者は12ポイント、2位は10ポイント、3位は8ポイントを獲得する。

これらのポイントは、それぞれのチームのために加算されていく。最も多いポイント数を得たチームが、その日の競技の勝利者となる。第一日目に得た点数は、その日の競技が終わった時点で消滅して、大会二日目の競技では勘案されることはない。(文:マリーヤ・セレンコワ、Sports.ru)

http://rsport.ru/figure_skating/20160422/915394687.html

ポイントは加算され、(シングルスケートの)ショートプログラムの勝利者が決定される。勝利者は、賞金6万ドル(一人1万ドルずつ)を受け取る。

翌日の競技日には、ペアとアイスダンスの選手が参戦する。彼らはフリープログラムだけを滑り、チームの貯金箱には、それぞれのチームの最も良い点数のみが算入される。この日はシングルスケーターたちもフリープログラムを滑り、三人のうちの上位二人の点数が算入され、ペアとアイスダンスの結果に加算される。大会の賞金総額は、61万7千ドルで、そのうち勝利者(チーム)は21万ドルを受け取る。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/24(日) 00:52:23|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/04/24 メドヴェージェワの記録と宇野のフリップ | ホーム | 2016/04/23 宇野昌磨「来シーズン、四回転フリップを自分のメインジャンプにしたい」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1825-09e86745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </