あれこれ

2016/04/24 メドヴェージェワの記録と宇野のフリップ

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/899709

2016/04/24 メドヴェージェワのシーズン。世界最良のスケーターは、再び自分の高品質を見せつけた

(アンドレイ・シモネンコ)====一部抜粋=====
重要なことは、この大会(チームチャレンジカップ)がISUの後援のもとに行われたということだ。だから、二つのプログラムを一つの欠陥もなく遂行し、フリープログラムでも、二つの滑りの合計点でも世界記録を更新した(エヴゲーニヤ・)メドヴェージェワの信じがたい結果は、公式文書のなかに自分の居場所を見出さなければならない。「なければならない」 — 何故なら、今までこのことがなされていないからだ。それにショートプログラムの結果がチームの合計スコアに算入されないという競技規則は、2010年バンクーバーオリンピックで樹立したキム・ユナの合計記録がそのまま残ることを意味するかもしれない。

しかし、このことは、自分の驚くべきシーズンに鮮明なピリオドを打った世界女王の功績を、何ら低めるものではない。大半のスケーターが既に実質、戦線を離れている四月末に二つのプログラムをこれ程比類なく遂行することは、大変な価値を持つものだ。メドヴェージェワは、本当に唯一無二のアスリートだ — そして、彼女の到達したものの前では、ただ跪(ひざまず)くしかない。

大会のもう一人のヒーローは、世界フィギュアスケート史上競技会で初めて四回転フリップジャンプをクリーンに遂行した日本の宇野昌磨だ。しかも二回、ショートでもフリープログラムでも。もっとも二回目のフリープログラムでの挑戦は、最後まで回りきったかという点で若干の疑問は残したけれども。しかし、少なくともジャンプは算定され、今や国際大会で最後まで回り切り、ジャンプからきちんと出ることを誰も成功していない四回転ジャンプは、ループ一つだけになったのだ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/24(日) 21:33:45|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/04/26 アレクセイ・ミーシン「メドヴェージェワの今シーズンの滑りは、スポーツを前進させた」 | ホーム | 2016/04/23 チームチャレンジカップ、ショートプログラムでヨーロッパチームは3位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1826-abc0afef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)