あれこれ

2016/04/27 アデリーナ・ソトニコワ「2016/17シーズンのショートプログラムは既に作った」

http://rsport.ru/figure_skating/20160427/917214018.html

2016/04/27 アデリーナ・ソートニコワ「2016/17シーズンのショートプログラムは既に作った」

モスクワ、4月27日、R-Sport。
フィギュアスケートオリンピック女王アデリーナ・ソートニコワは、2016/17シーズンのショートプログラムは既に作成済みで、以前同様にピョートル・チェルヌィショーフが作成を担当していると語った。

2014年ソチオリンピックでロシア女子シングル史上最初の金メダリストになったソートニコワは、2014/15シーズンを怪我のため休んだ。2015/16シーズン、ソートニコワは、ロシア選手権で6位、グランプリシリーズで唯一出場したモスクワの大会で3位となった。

「新ショートプログラムを私たちは既に作りました。今度はフリーを作ります。実際、ショートはとても興味深いもので、容易ではなく、難しいものです。曲ですか? それは非常に力強いスタイルで、陽気なものではなく、まさに強いのです。でも音楽に関しては、私はまだ言わずに、秘密にしておきます」。ソーシャルネットワークVKontakteのCSKA公式コミュニティで中継放送されたビデオチャットで、ソートニコワは語った。

「振付けは、床の上でイリーナ・アンヴァロヴナ・タガーエワと一緒に練習していますが、二つのプログラムを作るのは、ピョートル・チェルヌィショーフです。基本的に全てが元のままです」。彼女はこう付け加えた。

またソートニコワは、オリンピックでの勝利の後で「さらにもう一つの目標」に到達したいと語った。「現在、私は少し気を抜いていました。なぜなら、その権利があると感じられるからです。望んだ目標を達成したのですから。しかし、いずれにせよまだ終わりではありません。今や、自分が達成したいもう一つの目標に到達するために、とうとう本気を出すつもりです」。ソートニコワはこのように表明した。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/29(金) 00:27:58|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2016/04/28 エヴゲーニー・プルシェンコとロシアフィギュアスケート連盟は、5月に仕事体制を話し合う | ホーム | 2016/04/26 オリンピックチャンピオン羽生結弦は、足の怪我のため2ヶ月間離脱する>>

コメント

asappo様、こんばんは^^

いくつもの興味深い記事の中から、今回はソトニコワ選手のを。その訳は私がソトニコワ選手のファンだからです。

ロシア女子シングルの選手では、まずは、ソトニコワ選手とポゴリラヤ選手のパワフルな演技が大好き。そして、ツンデレ系?のリプニツカヤ選手にも不思議な魅力を感じます。

>「現在、私は少し気を抜いていました。なぜなら、その権利があると感じられるからです。望んだ目標を達成したのですから。しかし、いずれにせよまだ終わりではありません。今や、自分が達成したいもう一つの目標に到達するために、とうとう本気を出すつもりです」

そうですよね。ソチ五輪の金メダリストとして、その権利はあるでしょう。
そして、これが普通じゃないかしら?

逆に、その権利を行使せず?、羽生選手のように競技でガンガンと頑張る方が「異常?」に思えるくらいです(^_^;)

いよいよ本気を出してくれる来季のソトニコワ選手のプログラムは何だろう?
待ち遠しいなあ(^○^)
  1. 2016/04/29(金) 23:25:04 |
  2. URL |
  3. 片割月 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1833-ac508864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)