あれこれ

2016/05/12 アレクセイ・ジェレズニャコーフ「スポーツ以外のものに気をそらすことが、トゥトベリーゼのグループを含めて多くの選手の不成功の原因だった」

http://vpsfund.org/344-3/

2016/05/12アレクセイ・ジェレズニャコーフ「僕の初めての氷上での経験は、12頭のシロクマ・スケーターが出演するショー『氷上サーカス』の演出だった」

=====アレクセイ・ズバコーフによる振付師アレクセイ・ジェレズニャコーフへのインタビュー記事から一部抜粋=====

—フィギュアスケートに関係するようになったのは、幾分偶然だったのですね。

「はい、ショービジネスから離れた後、僕はモスソヴェト劇場のバレエアーティストとして働き始め、ロックオペラ『ジーザス・クライスト — スーパースター』や、『ジキル博士とハイド氏の不思議な物語』に参加しました。しかし、多くのアーティストがそうであるように、幾つかの団体でアルバイトをしました。

・ ・・エテリ・トゥトベリーゼはその時振付師を探していました。彼女は僕に模擬授業をやってみるように頼みました。そしてすぐに協働の申し出をしました。僕は直感で同意しました。その時同意して、今では、エヴゲーニヤ・メドヴェージェワとともに、エテリ・トゥトベリーゼのグループの古参になっています。

僕たちは、輝かしい到達に向かって全行程を歩いて来ました。メドヴェージェワのような人や、エテリ・トゥトベリーゼのような高レベルのプロフェッショナルの専門家と一緒に働けて、幸せだし、誇らしい」。

—エテリに関してはいろいろ言われています。批判的な言動さえあります。しかし、彼女は気にも止めずに、自分の目標に向かって強く進んでいます。あなたは、こんなにも長くどのようにして一緒に働けたのでしょうか。エテリ・トゥトベリーゼと彼女の最良の生徒であるエヴゲーニヤ・メドヴェージェワのチームの秘密は何なのでしょう。

「先ずエテリを理解する必要があります。彼女は難しい人だと思われています。しかし、彼女は自分の全てをフィギュアスケートに捧げています。また彼女のグルジア気質を感じ取らなければなりません。彼女は誰にも特別待遇をしません。誰よりも自分自身に対して。娘のディアナに対してさえも、非常に厳しく、厳格に接しています。

全てにおいて最大限を要求するのです。ワーカーホリックです。何の祝日も認めません。3月8日(国際婦人デーの祝日)でも、5月1日(祝日)でも、正月でさえも働きます。確かにもし、彼女に堅固な考えがある時には、誰の言うことも聞かずに、自分の考えの実現のために全てのことをやるのです。しかし、絶対的多くの場合で、彼女が正しいと分かるのです。

他の人が気付かないことを、直感的レベルで彼女は見ています。僕は最初、エテリとの会話に慣れようとしました。しかしその後、彼女は誰のことも傷つけたくはないのだと分かりました。時々、本当に激しく話します。しかし、そのように話すのは、彼女が全身で仕事に打ち込んでいるからなのです。彼女は、トレーニングの時には完全にフィギュアスケートの世界に入り込んでいます。そのような時に彼女をそこからそらせる必要はありません。

エヴゲーニヤ・メドヴェージェワも同様に、このような最大限追求主義者です。最初ジェーニャは、何人かの女の子たちに負けていたのを覚えているでしょう。しかし、他の子たちが止まっている間に年ごとに成長を続け、今では試合ごとに成長しています。世界フィギュアスケートの天井を、難易度と技術的熟練を結合した信じがたいレベルにまで押し上げているのです。これが可能になったのは、彼女とエテリが宇宙的レベルでお互いを理解しているからです。エヴゲーニヤも、1分の気の緩みも決して自分に許さないのです。スポーツ以外のものへ気をそらせること、まさにそのことが、トゥトベリーゼのグループの選手を含めて何人かの選手の不成功の原因だったのです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/15(日) 03:33:19|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/05/15 インナ・ゴンチャレンコ「一度高い順位を獲得し引退した、という記憶とは別の記憶に残るスケーターを育てたい」 | ホーム | 2016/05/14 カナダのエマニュエル・サンデュがトゥクタムィシェワの新プログラムを作る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1854-c8778979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)