富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/05/15 インナ・ゴンチャレンコ「一度高い順位を獲得し引退した、という記憶とは別の記憶に残るスケーターを育てたい」

あれこれ

2016/05/15 インナ・ゴンチャレンコ「一度高い順位を獲得し引退した、という記憶とは別の記憶に残るスケーターを育てたい」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1040043959.html

2016/05/15 インナ・ゴンチャレンコ「一度高い順位を獲得し引退した、という記憶とは別の記憶に残るスケーターを育てたい」

コーチのインナ・ゴンチャレンコは、ロシア女子フィギュアスケート発展の理由について、またエレーナ・ラジオーノワとの仕事について語った。

—何故ロシアで、ほかでもない女子シングルスケートがこれ程までに急速に発展出来たのか、そのことについては実に様々な意見がある訳ですが、それでもやはり良くは分かりません。あなたの説をお聞かせください。

「どうか私を誇大妄想狂だと思わないで頂きたいのですが、私とレーナ・ラジオーノワが『飛び出た』時に、彼女は、実質ほとんど一人だったのを覚えています — 彼女の年齢グループのことを言っているのですよ。始めは皆驚いたものです:あらまあ、あんなに小さいのにもうあのようなことをやっている!と。しかし・・・」。

—・・・驚きの時は過ぎて、事態は進歩している。

「その通りです。そして私とレーンカは、スターたちの出現に一定の貢献をしたと思っています。私たちが登場して、他の選手たちを引っ張り出したのです」。

—結局競争であり、競争こそが進歩の推進力ですが、それは一体どこから急に現れたのでしょうか?

「コーチングスタッフたちからです」。

—それでは彼らは? 昨日なかったものが、今日になって突然生まれたのですか?

「コーチたちは、何かをやっている子供たちを見ていましたが、子供たちを披露している同僚たちのことも見ていました:それは持っている、そのようには出来る、それも現実的だ、と。彼らの実例によって触発され、自分たちも出来ると理解したのです」。

「あるアスリートが現れ、一度高い順位を得て・・・そして引退する、そのような目標は、私にはありませんでしたし、今でも無いのです。観客も審判員たちもずっと覚えているようなフィギュアスケーターを育てたいのです。

例えば、カタリーナ・ヴィットを皆が覚えているように。彼女は、いつも一位だったとはとても言えませんが。あるいは、イーラ(イリーナ)・スルーツカヤが覚えられているように。彼女はオリンピックで2位でしたが、百パーセント金色のきらめきを持っていました。もし、アスリートがこのようなレベルに達したなら、観客たちは彼を崇拝し、涙を流し、スタンディングオベーションをするでしょう。それは超越しているし、ハイクラスだからです」。ゴンチャレンコは、このように語った。

文:Doctor of Philosophy / 出典:「モスコーフスキー・コムソモーレツ」
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/16(月) 02:34:07|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/05/16 トリノオリンピック銀メダリスト、ランビエールはリプニツカヤのプログラムを作った | ホーム | 2016/05/12 アレクセイ・ジェレズニャコーフ「スポーツ以外のものに気をそらすことが、トゥトベリーゼのグループを含めて多くの選手の不成功の原因だった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1855-4ed66d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </