富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/05/21 エレーナ・ラジオノワ「私には本当に自分というものが生まれました。私は既に状況や出来事を自分で評価するようになりました」

あれこれ

2016/05/21 エレーナ・ラジオノワ「私には本当に自分というものが生まれました。私は既に状況や出来事を自分で評価するようになりました」

http://www.fsrussia.ru/intervyu/2160-elena-radionova-nedeli-na-otdykh-malo-no-chto-delat-rodina-zovet.html

2016/05/21 エレーナ・ラジオーノワ「一週間の休暇では少ないけれど、仕方がない:祖国が呼んでいるから」

====一部抜粋====
(オリガ・エルモーリナ、タチヤーナ・フレイド)

—ボストンでの世界選手権の後、あなたのコーチのインナ・ゲルマーノヴナ・ゴンチャレンコはインタビューで、あなたがもう大人だと考えて、プログラムの音楽選択や決定において大きな自由を与えていると語りました。しかし、自由は責任でもあります。

「私には本当に自分というものが生まれました。私は既に状況や出来事を自分で評価するようになりました。しかし、これは、どうしたらより良いのかをコーチに相談することを止めたということではないのです。もちろん、年齢と共に自分の考えが生まれます。実際、それは私には常にありました。しかし、今は、何かの物事をより明瞭に言い表すことが出来るのです」。

—でもそれはプラスに役立つのでしょうか、それとも妨げになるのでしょうか? だって時にはただ出て行って、やらなければならない時があるのに、言語化する時間が無駄になります。

「私の性格が非常に大きく変わったということではありません。私は、今まで同様、やはりレーナ・ラジオーノワです。私とコーチは、同じように一緒に音楽を選んでいます。インナ・ゲルマーノヴナは私に自分の案を提起し、私は彼女に自分の案を提起します。一人で考えることは良いことですが、二人なら常にもっと良くなります。多分以前は、私はこんなにも注意深く音楽を探さなかったでしょうが、今では、より意識的にこれにアプローチしています。しかし、私たちは一緒に全て話し合うのです。実は、新プログラムに関しては、まだ明確な結論は無く、私たちは探している途中なのです」。

—あなたのグループ内に変化がありましたね。セリョージャ・ヴォーロノフがやって来て、二、三日前にはマクシム・コフトゥンがやって来ました。あなたにとって、これは良いこと?

「このようなレベルのアスリートたちが私の隣で滑っているのは、私にとってとても良いことです。二、三ヶ月セリョージャ・ヴォーロノフと一緒にトレーニングし、同じ氷で滑りましたが、お互いに邪魔になりませんでした。同じ仕事です。それぞれが自分を追求していました。しかし、心理的には私はより楽になりました。なぜなら、今は自分の周りに子供ばかりでなく、代表チームレベルのアスリートたちがいるのですから。

練習で私を助けてくれるのは、インナ・ゴンチャレンコだけではなく、アレクサンドル・ウスペンスキーは、私とスケーティングに取り組みますし、振付師のアンナ・ビリービナもいます。リュドミーラ・イオーシフォヴナ・ヴラーソワも来ました。

私は、競技会でリュドミーラ・イオーシフォヴナが隣にいてくれるのが好きです。彼女は非常に自信に満ちていて、落ち着いていて、経験豊かです。私への態度を見つけるのです。リンクサイドにコーチと一緒に彼女が立っていると、彼女の全エネルギー、落ち着き、確信が、私に伝わって来るのです」。

—あなたはトレーニングに入りましたが、学校の試験の方はどうなっていますか?

「29日が最初の試験です。今は先生たちと、ロシア語、生物、数学に取り組んでいました。しかし、リンクも忘れていません。練習しています。主要な努力は、もちろん、学業の方に傾けていますが。だってほんの少しの時間しかないのです。3教科の試験に合格しなければならないし、その後、体育大学に入学しなければなりません。10年生と11年生の分を一緒に受けるのです。合格出来るよう願っています。でも、ただ合格するだけでなく、良い評点を得たいのです」。

—その後、休暇ですか?

「いいえ、合宿です。プログラムを作って、仕事を始めなければなりません。休暇には、チームチャレンジカップの後すぐにタイに一週間行って来ました。プーケットは初めてだったのです。とても気に入りました。美しくて、とてもリラックスした休暇になりました。海岸に横たわって、肌を焼いたり、泳いだり・・・一週間は短いですが、仕方がありません:祖国が呼んでいます。その代わり、リラックスし過ぎることはありませんでした」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/22(日) 02:34:11|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/05/21 エレーナ・ラジオノワ「このコーチと一緒にさらに前進出来ると、私は分かっている」 | ホーム | 2016/05/21 アレクセイ・ミーシン「プルシェンコがオリンピックに出場するつもりかって? 人から夢を奪うことは出来ない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1867-2e81b39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </