あれこれ

2016/05/25 エヴゲーニー・プルシェンコ「復帰するか、復帰しないか、今は何も約束出来ない。今、滑り始めたばかりだ」

http://www.sportfakt.ru/hockey/64085/ 

2016/05/25 エヴゲーニー・プリューシェンコ「コヴァリチュークがホッケー代表チームメンバーから外れてがっかりした」

 ====一部抜粋==== 
二度のオリンピックチャンピオンは、独占インタビューで、「Sportfact」解説者ニコライ・チェゴルスキーに、手術後の回復状況とアイスホッケー愛を語った。

 —エヴゲーニー、KHL(コンチネンタル・ホッケー・リーグ)のシーズン終了の夕べに、どうしているのですか? 

「今日ここには多くの友人がいるから、彼らに会って挨拶しようとちょっと立ち寄ったのだ。残念ながら、公式的部分そのものには間に合わなかった:今日はなぜだか、モスクワを車で移動することが不可能だった。
 大体僕はかなり以前からホッケーを熱心に見ているし、ホッケー選手のなかに友人がたくさんいるのだ。

 僕自身は、文字通り昨日氷に出て、ホッケー遊びをした。傷跡見る?(首の赤紫色の縫い跡を見せる)手術の後、回復したばかりで、すぐにノヴォゴルスクだ。2時間リンク内で働いたよ。朝から色々な箇所が痛むだろうと思っていたけれど、見ての通り何でもなくて、元気だ。ここでホールを走り回っている」。

 —SKA(サンクトペテルブルクのアイスホッケーチーム)を応援しているのですよね? だってチームは実際、あなたのホームタウン、サンクトペテルブルクのチームなのだから。 

「SKAだけじゃなく、『スパルターク』もCSKAも応援しているよ」。 

—うわー、分散ですね! 

「何故よ。CSKAとSKAは良く理解出来る選択でしょ。だって僕自身が軍人だから、同クラブの人たちを応援している。『スパルターク』は、僕の友人たちや親戚たちのクラブだ。クラブが身近なら身近な程、ホッケーの試合もそれだけ多く見る」。

 —あなたは数ヶ月前に大きな手術を受けました。今のお加減はいかがですか? 

「素晴らしく良い! 昨日氷に出たと先ほどあなたに言ったけれども、それ以外にゴルフもサッカーもしている。そして遂に、フィギュアスケートのトレーニングに着手したのだ。今、コンディションを整え始めて、7月15日に中程度の高さの山地であるクールシュヴェルで合宿が始まる」。

 —つまり、いろいろな怪我にもかかわらず屈服せずに、選手生活を再開しようとしているのですか?

 「復帰するか、復帰しないか、今は何も約束出来ない。今、氷上で働き始めたばかりだ」。

 —少し以前にあなたは、大きな表明をすると約束しました。2018年オリンピック出場への希望を表明するではないかと、多くの人たちが推測しています。そうなのですか? 

「表明をするためには、最初に準備をしなければならない。そしてもし、自分のなかに続行するエネルギーを感じれば、その時には、その最も大きな表明をするだろう。しかし、約束したものが何についてかは、まだ秘密だ」。

 —商業的アイスショーでは、ファンたちはあなたを待っても良いのですね? 

「そう、この仕事は既に進行中だ。7月初めには、自分のプログラム『スノーキング』を持ってカザフスタンに行く。同様に、新年に向けたショー『くるみ割り人形』も計画している。しかし、何よりも自国の観客の前でエキシビジョンナンバーを滑りたい。あまりにも長いことロシアで滑っていなかったから」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/26(木) 02:19:32|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/05/26 エレーナ・イリイヌィフ「仕事から非常に大きな喜びを得るようになったことを、アメリカで初めて気づいた」 | ホーム | 2016/05/24 エレーナ・イリイヌィフ/ルスラン・ジガンシン「6月にマドリードのアントニオ・ナハーロのところへ行く」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1873-c9ebcc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)