富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/06/06 特別な妹が、アデリーナ・ソトニコワに降参しないことを教えた

あれこれ

2016/06/06 特別な妹が、アデリーナ・ソトニコワに降参しないことを教えた

http://poliksal.ru/show-biznes/41463-osobennaya-sestra-uchit-adelinu-sotnikovu-ne-opuskat-ruki.html

2016/06/06 特別な妹が、アデリーナ・ソートニコワに降参しないことを教えた

アデリーナ・ソートニコワが自分の最初の報酬を得たのは、とても若い年齢の時だった。フィギュアスケーターとして始めたばかりのまだ13歳の時だった。その時彼女は勝利を納め、賞金を手にした。しかし、少女らしい気まぐれな欲望のためにお金を使う代わりに、彼女はそれらを妹の治療のために取って置いた。

若いマーシャは、発達の特殊性を持つ子供の範疇に属していた。彼女は、「トリーチャー・コリンズ症候群」だった。これは重い遺伝子の病で、生まれながらに聴覚、ことば、顔面骨に問題が生じる。

アデリーナと彼女の金銭的助けのお陰で、家族は、マーシャに必要な手術代を貯めることが出来、マーシャの人生は非常に緩和された。しかしその時、アデリーナの両親は、彼女の賞金を妹のために使うようにとは、主張しなかった。

「両親は、マーシャを助けなければならない、彼女には深刻な問題があるのだから、とは私に言いませんでした。私はそれを自分で見て、自分で理解しました。確かに彼らは、マーシャにはそのような病気があるとは言いましたが、私が自分の行動によって彼女を助けることが出来ることを理解させようとはしませんでした。私は、自分でそれを理解し始めたのです。自分の最初のグランプリ大会に行った時に、そしてそこで賞金が得られることを分かった時に。私は両親に、獲得賞金をマーシャの手術のために貯めていると告げたことを、彼らは承知していました」。《皆と差し向かいで》の番組でアデリーナは語った。

「彼女は聴力が弱く、とても上手に会話が出来る訳ではないし、実際のところ、多くの足りないものがあります。手術の後、現在は、変化があります。少し経ってから、もう一度手術を受けなければならないでしょう。私が出来ることでは、もちろん、助けます。だって、他に誰がいるでしょう?」。

注目すべきは、子供の頃から姉妹はとても仲が良いことだ。両親は、娘たちを区別しなかった。二人に同じ要求をした。アデリーナはマーシャを社会的にした — 彼女を公の催しに連れて行き、コンプレクスを感じさせないようにした。一方で彼女の特別の妹は、スポーツ界のスターを最も強力にサポートしている。

「私がスポーツをやっていることを彼女は理解しています。本質的に彼女は当たり前の人間で、全てのことを素晴らしく理解しているのです」。ソートニコワは語った。「マーシャは、私よりも強いのです。私は、何らかの弱さを見せないように、彼女が私を、降参してはならないという模範にするようにと、『強い姉』を見せています。なぜなら、彼女が苦しんでいることを知っているからです — 彼女の苦しみは、もちろん、簡単なものではありません」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/08(水) 01:30:34|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/06/08 ミハイル・コリャダー「プログラムのなかでは、自分を舞台の上の俳優のように感じている」 | ホーム | 2016/06/06 アレクセイ・ミーシン「今回のタルトゥーでの合宿は、国際的キャンプとなった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1887-aa7c9e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </