あれこれ

2016/06/10 アデリーナ・ソトニコワ「二つのプログラムは、興味深いもので、平凡なものではなく、特別なカリスマ性が備わっているもの」

http://vpsfund.org/22-22/

2016/06/10 アデリーナ・ソートニコワ「二つのプログラムは、興味深いもので、平凡なものではなく、特別なカリスマ性が備わっているもの」

====一部抜粋====

(アレクセイ・ズバコーフ)
—シーズンに向けた準備はどのように進んでいますか? プログラム作成には誰が参加しましたか? プログラムはまだ秘密ですか? 来シーズンの目標はどのようなものですか?

「来シーズンに向けた準備は始まりました。今、キスロヴォーツクで合宿中です。その後スケート靴も馴れて来るでしょう。プログラムは作成済みです。作成者はピョートル・チェルヌィショーフです。二つのプログラムは、興味深いもので、平凡なものではなく、特別なカリスマ性が備わっているものです。まだプログラムの発表はしません。でも、もうすぐ皆が知ると思います。

私の目標は一つ — 出来ることを遂行することです。そして、表彰台に向かって、だんだん高く上がって行くことです」。

—あなたにはご自分のビジネスであるマニキュアスタジオもあります。もし、秘密でなかったなら、なぜ他ならぬビューティースタジオをオープンしたのかお話しください。

「私の家族の共同のビジネス・・・について私たちは長いこと考えていました。そして、まさにビューティーサロンに行き着いたのです。マニキュアとペディキュアのスタジオ — それは、全ての人たちが常に利用するサービスです。少女や若い女性から、あらゆる年齢の女性まで、それに今では男性もこれらのサービスを利用するようになりました・・・それに、もちろん、私たちはマッサージ、美容術なども導入することが必須だと考えています。

私には妹もいまして、彼女はこれから職業を決定しなければなりません。どんな仕事をするのか。彼女は腕がとても強くて、エネルギッシュだと言える程です。彼女がマッサージを施すと、すぐに楽になります・・・今年、彼女は医学カレッジ入学に挑戦します。その後、私たちのサロンで働くでしょう。それは私の妹にとって最良の選択肢だと思います。そこでどうなるのか、私たちは見守るつもりです。何が、どのように起こるのかを。サロンを経営しているのは私のママです。私たちの家族に、このようなちっぽけなビューティーサロンが出来たことが私は嬉しいのです」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/12(日) 00:32:28|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/06/07 ISU総会は、理事増員に関するロシア提案を採択した | ホーム | 2016/06/10 ISUのなかにアスリート委員会が創設される>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1894-fedc2967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)