あれこれ

2016/06/13 プルシェンコが参加する合宿で、カナダのサンデュがミーシンの助手をする

http://tass.ru/sport/3360456

2016/06/13 プリューシェンコが参加する合宿で、カナダのサンデュがミーシンの助手をする

モスクワ、6月13日、TASS特派員ヴェロニカ・ソヴェートワ。
有名なカナダのフィギュアスケーター、エマニュエル・サンデュは、クールシュヴェルで行われる合宿で、ロシアのコーチ、アレクセイ・ミーシンの助手の役を担う。合宿には、二度のオリンピック・チャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコや2015年世界選手権勝利者のエリザヴェータ・トゥクタムイシェワを含むグループ全員が参加する。ミーシンがTASSに語った。

「われわれはクールシュヴェルに6月17日に到着し、18日から仕事を始める」。ミーシンは語った。「合宿には、エヴゲーニー・プリューシェンコを含む私のグループ全員が参加する。そこでの一団は面白いものになる — アメリカやカナダからのフィギュアスケーターたちがいる。私の従来からの同僚であるタチヤーナ・ミーシナ、タチヤーナ・プロコフィエワ、オレーク・タタウーロフと共に、クールシュヴェルではエマニュエル・サンデュも働くことになる」。

サンデュは、5月のカナダ合宿で、トゥクタムイシェワのための二つの新プログラム既に作っている。何故、彼との協働を続行することをミーシンが決断したのか、というTASSの質問に対して彼は答えた。「プリューシェンコとサンデュがお互いに競い合っていた時代に、サンデュは、プリューシェンコをひどく妨げていた訳ではない。トリプルアクセルでしばしばパンクした。もっとも、その状況を修正するためには、私のトレーニングを3、4回受ければ十分だったのだが」。

「しかし、真面目な話をするとすれば、彼は、アメリカ-カナダシステムに完全に基づいた、フィギュアスケートの独創的ビジョンが秀でている。ヨーロッパの風潮は、彼には実質無関係だった」。ミーシンはこう語った。

クールシユヴェルでの合宿には、イタリアのカロリーナ・コストナーもやって来る可能性がある。「タルトゥーでの合宿が成功した後、コストナーは再び私のグループで仕事をしたくなった。いずれにせよ、彼女は自分の計画を変更してわれわれのところにやって来るつもりだと語った。今自分を彼女のコーチと考えることが出来るか? もし、私がコストナーを常時の体制で見るとしたなら、自分の選手たちのための時間が不足することになる」。

プリューシェンコは、今度の合宿で新プログラムの作成に取り組もうとしているのか、というTASSの質問に、ミーシンはこう答えた:「それに答えるにはまだ時期尚早だ」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/14(火) 02:04:19|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/06/13 アレクサンドル・ラケールニク「審査員の匿名性廃止は、フィギュアスケートの現状に対応している」 | ホーム | 2016/06/13 フィギュアスケート世界選手権2019年開催地として、さいたま市が唯一残った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1897-5195931a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)