あれこれ

2016/06/27 ミハイル・コリャダー「グランプリモスクワ大会に出場することは確かだが、もう一つは日本か中国だ」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1041523602.html
 
2016/06/27 ミハイル・コリャダー「グランプリモスクワ大会に出場するのは確かだが、もう一つは日本か中国だ」
 
ロシアのフィギュアスケーター、ミハイル・コリャダーは、新シーズンへの準備を語った。
 
「僕のオフシーズンは終わって、全ての自分の計画をやり終えた。僕は軍に行かなければならなかったし、大学を卒業しなければならなかったが、実際にそれをやり終えた。今度はプログラムを滑りこんで、4回転サルコウを安定させなければならない。4回転トウループは、昨シーズンの末に既に良くなっていた」。
 
—ところで、あなたは世界選手権で4回転トウループの入りを変更しましたよね。
 
「そう。ちょうどあの大会に出発する直前にそうしたのだ。新しい入りからだと、跳ぶのがはるかにやりやすくなった」。
 
—他の4回転ジャンプはどうなっていますか? ルッツやフリップは? あなたのトリプルアクセルを4回転にする考えはありますか?
 
「ルッツは跳ぶのを試したが、まだ出来ていない。フリップは、そもそも、エッジが正しくないことからプログラムには組み入れない。皆はインエッジだが、僕はアウトエッジだ。アクセルに関しては、4回転アクセルは試したことが無いし、まだやりたくない。それは、ものすごい負荷だ。回転もより強くなければならないし、もっと高く跳ばなければならない」。
 
—もうすぐグランプリ大会ごとの選手たちの割り振りがはっきりします。世界選手権の結果での上位6選手には、どの大会に行くかの選択権があります。あなたはもう決まりましたか?
 
「一つの大会は、ロシアのモスクワ大会になることは確かだが、もう一つは、日本か中国で、全ては羽生結弦の決断次第だ。僕にはアメリカ大会もオファーがあったが、断った。あそこに渡航するのは非常に困難だし、それにリンクのサイズも違っている・・・」。
コリャダーはこのように語った。
 
文:Doctor of Philosophy  / 出典:Bkontakteのミハイル・コリャダーのオフィシャルグループ 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/28(火) 00:23:41|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/06/27 アレクセイ・ウルマーノフ「リプニツカヤは叙情的なショートプログラムと、ヒット曲のフリーを披露する」 | ホーム | 2016/06/25 スミルノフは、カワグチと一緒に2016/17シーズングランプリシリーズへ戻ることを視野に入れている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1919-dff7a9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)