あれこれ

2016/06/29 アレクサンドル・サマーリン「新シーズンは、ヨーロッパ選手権出場に挑戦する」

 http://www.sports.ru/others/figure-skating/1041591025.html
 
2016/06/29 アレクサンドル・サマーリン「新シーズンは、ヨーロッパ選手権出場に挑戦する」
 
ロシアのフィギュアスケーター、アレクサンドル・サマーリンは、新シーズンへの準備について語った。
 
—新シーズンには、ジュニアとシニアの大会出場を掛け持ちするのですか?
 
「はい、コーチのスヴェトラーナ・ソコローフスカヤと僕は、そうした方が良いと決めました。まだジュニアグランプリ大会に出場したいですし、ファイナルや、世界ジュニア選手権に選抜されるよう挑戦します。シニアの競技スポーツに移行するのは、一程の重荷を抱えなければなりませんが、この課題も解決するつもりです」。
 
—今度のシーズンには、どのような大会への出場を予定していますか?
 
「準備計画は既にあります。最大限の準備をして大会に行けるように、僕とコーチは、ほぼ全てを配分しました。計画には、『チャレンジャー』や『B級大会』・・・等への出場も入っています。ロシア選手権では良い滑りがしたいです。ヨーロッパ選手権への選抜に挑戦出来るように。今年僕は11年制学校を終えて、ロシア体育スポーツ国立大学に入学するので、出来ればユニバーシアードにも行きたいです」。

—なぜ外国語大学ではなく、体育大学なのですか? だってあなたの肉親たちは外交官だったのでしょう?
 
「僕は学校では4と5ばかりでした。しかし、今のところ、フィギュアスケートと毎日講義に出なければならない学業の両立はできません。将来、他の大学に入るかもしれませんが、今のところは、体育大学なのです」。
 
 
—新プログラムについては、何が言えますか?
 
「二つのプログラムを作り終えて、今、それらに取り組んでいるところです。僕のショートは、イリヤ・グルィリョーフが作り、フリーは、エレーナ・マースレンニコワです。ステップシークエンスは、マクシム・ザヴォーズィンが助けてくれ、振付けは、マルガリータ・ロマネンコと一緒に僕たちは取り組みました。
 
イリヤ・グルィリョーフと僕たちが一緒に働くのは、初めてのことです。しかし、彼を招待したのは正しい決断だったことを、僕は既に今感じています。イリヤは、興味深い演出家です。彼には新しい動き、新しいアプローチ、新しい視点があります。どんな場合でも、若い専門家と協働することは常に有益です。
 
二つのプログラムの音楽を提案したのは、僕自身です。昨シーズンから既にそれを選んでいたのです。コーチは僕に同意しました」。サマーリンはこのように語った。
 
(アントン・ピリャソフ)  / 出典:ロシアフィギュアスケート連盟
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/03(日) 01:21:59|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/07/02 エヴゲーニー・プルシェンコは、初めてカザフスタンを訪れた | ホーム | 2016/07/02 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「今日、『セーラームーン』の原作者に会った」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1932-77bcef6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)