あれこれ

2016/07/06 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「私とミーシンには独自の戦術がある ー 私たちは最初に自分と戦い、自分に勝つ」

 http://dorohins.com/personality/interview/elizaveta-tuktamysheva.html
 
2016/07/06 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「私とミーシンには独自の戦術がある — 私たちは最初に自分と戦い、自分に勝つ」
 
=====Dorohinz Magazineのインタビュー記事より一部抜粋=====
 
—あなたの書棚を見ると、心理学の本が非常に多いですね。あなたはしょっちゅう自己分析をするのですか?
 
「人々のことを学んだり、自分を知ったりすることが好きなのです。これらの本は教えてくれます、確かに。しかし、愛読書は、やっぱりレマルクの『三人の仲間』なのです。
 
私は男の友情をとても尊敬しています。時には、男に生まれなかったことを残念に思う程です。私には、このような友情はありません。『三人の仲間』は、文字通り三日で読み終わりました。その後一週間は、そのことばかり考えて歩き回りました」。
 
—女性は友情を育めますか?
 
「女性は全く違う生き物で・・・より感情的です。妬みもあります。貪欲さも。男性はそのようなものは無いと私は思います」。
 
—あなたのコーチは、アレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンですが、何年も常に隣にいます。彼はあなたにとって友人ですか? それとも、第二の父になれる人ですか?
 
「そうですね、言って見れば父のようです。アレクセイ・ニコラエヴィチは、とても気遣う人です。私は彼に、何でも話すことが出来ますし、彼は耳を傾け、助けてくれ、アドバイスをしてくれます。彼は私の気持ちを分かってくれます。そもそも、これ以上のコーチを見つけることは出来ないだろうと感じています。
 
彼は非常に高い教養のあるコーチで、彼は常に私のポテンシャルと、私からさらに何を引き出せるかを見ていると思います。私の人生には、このような人物が二人います:彼とタチヤーナ・プロコフィエワです。彼らは、私自身が自分を信じなかった時ですら、私を信じていたと思います。自分たちの信頼と楽天主義を注入してくれ、降参することを許さないのです。
 
私がまさに『ユビレイヌィイ』で練習していることは幸運でした。ミーシングループには、『悪い』人たちはいません。全員が礼儀をわきまえています。これは、彼がこのような雰囲気を作っているからだと思います。でも、モスクワではいろいろな人たちがいます。スケーターたちも、コーチたちもさまざまです」。
 
—将来について話してください。女子シングルスケートは、全体として発展していきますか?
 
「残念ながら、非常に緩慢に。
 
もし私が、自分のやるべきことの全てをやりきったなら、私の将来は良きものになります。でも私は、今後のことを考えたくありません。ひたすら、自分の仕事をやるつもりです。オリンピックのことについても、話すことはしません」。
 
—あなたは、怪我のせいで世界選手権に行けなかった訳ですが・・・
 
「このようなことは、私には初めてのことではありません。しかし確かに、私は最初とても失望しました。ひどく落ち込みました。その後で正気に返り、慣れました。そしてテレビで世界選手権を見ました。女子選手たちのプログラムのなかに、非現実的なものは何も見ませんでした。
 
ロシアのフィギュアスケートは高いレベルにあります。私とコーチには、独自の戦術があります — 私たちは最初、自分と戦い、自分に勝つのです。そうすればメダルもやって来ます」。
 
—リーザ、あなたの運命は、独特の心電図のようです。飛翔、落下、ストレス、自分磨き、また飛翔・・・
 
「だからこそ、より面白いのです。全ては良きものに向かっていると信じています。もし今日、自分の頭上が雷だったとしても、私はそれを乗り越えられます。それに隣には常に肉親や愛する人たちがいます。それが大事なことです。それがどんなに陳腐に聞こえようと」。
(インタビュアー:ユーリヤ・リパートワ)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/07(木) 02:00:31|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2016/07/06  エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「羽生は私に霊感を与えてくれる」 | ホーム | 2016/06/27 ミハイル・コリャダー「パパが格闘技に連れて行こうとしている間に、ママがフィギュアスケートに行かせてしまった」>>

コメント

リーザのインタビューはいつも面白いです・・・
アスリートは女性であっても、男性のようなあっさりした人、強い人(無神経な人)が多いですが、リーザは女性らしい細やかな心を持っていますね。厳格な男性コーチがバックアップしているから、女性のままで居られるのかも知れないですね。そのような脆さが表現力の面においては魅力的です。
  1. 2016/07/08(金) 16:15:37 |
  2. URL |
  3. 通りすがりのフィギュアファン #TY.N/4k.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

通りすがりのフィギュアファン さま

お礼が大変遅くなりました。ごめんなさい。
丁寧にお読み頂き、本当にありがとうございます。
皆さんの資料になれば、とても嬉しく思います。
今後ともどうかよろしくお願いします。 asappo

> リーザのインタビューはいつも面白いです・・・
> アスリートは女性であっても、男性のようなあっさりした人、強い人(無神経な人)が多いですが、リーザは女性らしい細やかな心を持っていますね。厳格な男性コーチがバックアップしているから、女性のままで居られるのかも知れないですね。そのような脆さが表現力の面においては魅力的です。
  1. 2016/08/27(土) 02:02:13 |
  2. URL |
  3. asappo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1936-18b38f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)