あれこれ 2016/07/16 アリョーナ・レオーノワ「新プログラムを滑りこんでいる」

あれこれ

2016/07/16 アリョーナ・レオーノワ「新プログラムを滑りこんでいる」

 http://sport-analitika.ru/2016/07/16/6271/
 
2016/07/16 アリョーナ・レオーノワ「新プログラムを滑りこんでいる」
 
ロシアのフィギュアスケーターたちは、シーズンに向け準備をしている。2011年世界選手権銀メダリスト、アリョーナ・レオーノワが、準備状況についてスポーツアナリスト、アレクセイ・ズバコーフに語った。
 
—アリョーナ、こんにちは! 準備はどのような具合ですか?
 
「ありがとう! 全ては計画通りです。私たちは今、ごく短い休みを取っています。合宿と合宿の間の数日です。準備は積極的な体制で進行しています。合宿の場所は例年通りです。ラトビアから帰ったばかりですが、再び数日のうちに合宿に出発します — 今回はスウェーデンです。いつものように積極的に休みなく働いています。新プログラムを滑りこんでいます」。
 
—プログラムはどんな状況ですか?
 
「プログラムは二つとも出来ています。どのようなものかは、少しの間秘密にしておきます。ショートプログラムは、既に5月のうちにワレンチン・モーロトフが最初に作ってくれました。彼は以前にもプログラム作りで助けてくれました。しかし今回はワレンチンがショートプログラムの全部を作ったのです。フリープログラム作りは、私たちの振付師オリガ・ゲルマーノヴナ・グリンカの指導の下、作り終わったばかりです。二つのプログラムとも私はとても気に入りました。コーチのエヴゲーニー・ヴラジーミロヴィチ・ルカヴィーツィンも賛同しました」。
 
—プログラムは難しくしたのですか?
 
「練習では新しいエレメンツを積極的に習得していますが、今はまだプログラムには入れませんでした。シーズンのなかで状況を見て、プログラム改善の可能性について考えます」。
 
—プログラムのなかに実験的試みはありますか?
 
「去年同様、私はまたプログラムのスタイルを新しくしました。再び皆さんは、新しいアリョーナ・レオーノワを見るでしょう。これは、私にとっても、フィギュアスケートファンたちにとっても楽しいことです。だってフィギュアスケートは、何よりも創造的で、芸術的なスポーツ種目なのですから」。
 
—今シーズンの試合はどうなっていますか?
 
「今のところ、グランプリの二つの大会のみがはっきりしています。フランスと日本での試合です。グランプリの日程にはとても満足です。グランプリフランス大会には一度も出場したことがありません。そこでとても滑りたかったし、夢見ていた程です。一方日本に関しては言うまでもありません。あそこは全てが私にはとても近しいものです。驚くべき、肯定に満ちた雰囲気も、とても愛して、応援してくれる観客たちも」。
 
—その他の試合は?
 
「まだ私たちは考えているところです。もう少し後になって、他の試合のことも決めるでしょう」。
 
—ご自身の目標をどのように立てますか?
 
「私にとって無条件で大事なのは結果です。しかし、重要なことは、私は観客のために滑り、彼らを喜ばせることです。プログラムを成功させて滑り、観客に気に入ってもらえれば、しかるべき結果も出るでしょう」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/18(月) 00:29:19|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/07/15 コンスタンチン・メンショフ「現役時代を通して7回位、競技生活を終えなければならないと医師から聞かされた」 | ホーム | 2016/07/17 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「滑り終わったらプレゼントで満杯の袋を持ってきてくれた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1950-e173204d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)