富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/07/24 エヴゲーニー・プルシェンコ「反撃しなくてはならない、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ」

あれこれ

2016/07/24 エヴゲーニー・プルシェンコ「反撃しなくてはならない、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ」

 http://www.sports.ru/others/athletics/1042337089.html
 
2016/07/24 エヴゲーニー・プリューシェンコ「反撃しなくてはならない、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ」
 
二度のオリンピックチャンピオン、エヴゲーニー・プリューシェンコは、2016年オリンピックからロシアの陸上選手を排除することについて意見を述べた。
 
「ロシアの陸上選手がいなかったなら、特にエレーナ・イシンバエワがいなかったなら、それは無意味だ。レーナは、若い人たちの気持ちを新たな到達へ駆り立てるような、新記録を樹立することが出来た。それはスポーツにとって、社会にとって大事なことだ! このようなアスリートのためには、国家レベルで戦わなければならない。
 
反撃しなければならないし、僕たちが強いことを国際陸連に見せる時だ。何故僕たちを足蹴にし、制裁するのか? 小さな半ズボンを穿いた子供時代ならそんなこともあるが、そこから僕たちは大人になった。自分たちの国のアスリートを守り通す可能性を持っていることを見せる時だ。ただのアスリートじゃない。全世界が応援し、国境が意味をなさなくなるようなリーダーたちだ。
 
僕たちは単にロシアのレーナを応援しているのではない。超人的な努力を乗り越え、自分の5回目のオリンピックでの新記録に向かっている、クリーンなドーピング検体を持っている、そういうアスリートを僕たちは応援しているのだ」。プリューシェンコはこう述べた。
 
文:アレクサンドル・チェルノーフ / 出典:TASS
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/25(月) 23:49:37|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/07/26 冬季ユニバーシアード会長「クラスノヤルスクにおける冬季ユニバーシアード中止に関するFISUの立場について」 | ホーム | 2016/07/24 トーマス・バッハ「2018年オリンピックへのロシアチームの出場停止に関しては、何の話も無かった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1959-b45fa5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </