あれこれ

2016/07/28 ヴャチェスラフ・フェチーソフ「WADAは、ロシアアンチ・ドーピング委員会創設を支持している」

 http://rsport.ru/olympic_games/20160728/1003493770.html
 
2016/07/28 ヴャチェスラフ・フェチーソフ「WADAは、ロシアアンチ・ドーピング委員会創設を支持している」
 
モスクワ、7月28日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は、ロシアオリンピック委員会(ROC)直属アンチ・ドーピング審査委員会創設を支持している。R-Sportにこのように語ったのは、この委員会メンバーであり、WADAアスリート委員会元委員長、二度のオリンピックチャンピオン(訳注:アイスホッケー)のヴャチェスラフ・フェチーソフだ。
 
アンチ・ドーピング委員会の創設は、7月22日、ロシア連邦大統領ヴラジーミル・プーチンによって提起された。この機関の代表者は、国際オリンピック委員会(IOC)名誉会員のヴィターリー・スミルノフだ。
 
「WADAはこのような委員会創設を支持しているし、その構成メンバーに私が含まれることを支持している。彼らはやっと統一行動を取れる人が出来ると考えている」。フェチーソフはこのように電話で語った。
 
「推理小説のような話は、朝に出てきた。ヴィターリー・ゲオールギエヴィチ(・スミルノフ)が僕に電話を寄越してこう言うのだ:『君は委員会のメンバーに含まれたよ』。」。フェチーソフは、自分の委員会メンバー入りについて話した。
 
「私はこの件を良く理解している者の一人だし、この分野で働いてきた。当然ながら、この役目を断ることはしない。私はこのような状況下で役に立つ用意があるし、役に立つことが出来る。世界のスポーツ界においてロシアの尊敬を達成するために、自分の知識、人間関係、経験を利用する用意がある」。
 
委員会のメンバーが公表されるやいなや、「WADAの関係者たちから山のようなSMSメッセージをすぐに受け取った」と、フェチーソフは述べた。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 00:28:00|
  2. ロシア事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/07/30 マリーヤ・ソーツコワ「ジュニアでもう3年滑っているので、もうシニアに移る時」 | ホーム | 2016/07/28 ミハイル・コリャダーは、ロシアのスポーツ称号、「国際クラスロシアスポーツマスター」を授与された>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1963-02642d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)