あれこれ

2016/08/10 ミハイル・コリャダーのフリープログラムは「シルク・ドゥ・ソレイユ」

 http://www.fsrussia.ru/news/2268-valentina-chebotareva-u-stasi-podgotovka-prokhodila-kak-obychno-u-mishi-nemnogo-po-drugomu.html
 
2016/08/10 ワレンチーナ・チェボタリョーワ「スターシャの準備はいつも通り、ミーシャは少し違った形で」
 
ノヴォゴルスクでのジュニアのテストスケートに参加した女子ジュニアのスタニスラーワ・コンスタンチーノワと、ソチでのシニアテストスケートを目前にしたミハイル・コリャダーのコーチであるワレンチーナ・チェボタリョーワは、生徒たちのシーズンへの準備を語った。
 
「スターシャ(スタニスラーワ)の準備はいつも通りでしたが、ミーシャ(ミハイル)はいつもとは少し違った準備の仕方でした。彼は今年軍隊に行き、その後体育学校を終えて国家試験を受け、また卒業資格面接試験に臨みました。私たちがペテルブルクで練習に着手出来たのは、6月13日です。ミーシャの卒業資格面接が合格した後、ラトビアへ合宿に出かけました。
 
そこでは、スターシャ、ミーシャ、私たちの振付師オリガ・クリューシュニチェンコ、それにコーチのユーリヤ・クリバノワのグループが皆一緒に3週間にわたって準備しました。非常に実りの多い仕事でした。合宿では、基礎体力訓練の素晴らしいコーチで陸上のアスリートであるミハイル・セメニョーノクが私たちを助けてくれました。彼は高飛びの選手たちと仕事をしています。彼のトレーニングを私たちはとても気に入ったと言わなければなりません。
 
プログラム作りに生徒たちと一緒に取り組んだのは、私たちの振付師オリガ・ユーリエヴナ(・クリューシュニチェンコ)でした。彼女はスターシャにも、ミーシャにもプログラムを作りました。私たちはスターシャの一つのプログラム、ショートを変えて、チャイコフスキーの『ブラックスワン』を滑っています。フリーは昨シーズンの『シルク・ドゥ・ソレイユ』を残しました。ミーシャには、二つの新しいプログラムを作りました。ミーシャのフリープログラムも、『シルク・ドゥ・ソレイユ』からの断片です。
 
7月16日にサンクトペテルブルクに戻り、私たちのアカデミーで準備を続けています。スターシャはとても良く練習していますが、まだ自分のピークには到達していません。彼女は大きくなりましたが、それはトレーニングには影響していません。素晴らしいジャンプを跳んでいますし、全てをやっています。最初の試合までには全てが問題なくなって、昨年全てを安定的に実行した時のようなコンディションに持っていけるでしょう。まだ自信の無さが見えますが、シーズン序盤にはそのようなことがよくあります。
 
エレメンツに関しては、昨年スターシャには、3-3のコンビネーションジャンプ二つとともに、トリプルジャンプが全て揃っていました。彼女は全てやっていますし、これ以上付け加えるものは、今のところ何もありません。これを安定させることです。
 
ミーシャには、二つ目のクワド、サルコウが出来ました。私たちはそれを個別にやっていて、つなぎの中でまだ仕上げている最中です。8月16日にペテルブルクの私たちのところに専門家たちがやって来て、テストスケート前にミーシャのプログラムを見てアドバイスをくれることになっています。全てを注意深く傾聴し、考慮に入れ、さらなる仕事をやっていこうと思います」。ワレンチーナ・チェボタリョーワはこのように語った。
(オリガ・エルモーリナ)
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/10(水) 22:07:20|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/08/09 アリーエフの新プログラムはピアソラと「仮面の男」、フェージチキナは「白鳥の湖」と「雨に唄えば」 | ホーム | 2016/08/09 アレクサンドル・サマーリンは、フリープログラムで二度の四回転を跳ぶ計画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1973-9bcc7f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)