あれこれ

2016/08/19 アレクサンドル・ラケールニク「現在、ショートとフリープログラムはあまりにも似ている」

http://www.sports.ru/others/figure-skating/1043141507.html
 
2016/08/19 アレクサンドル・ラケールニク「現在、ショートとフリープログラムはあまりにも似ている」
 
(アレクサンドル・ラケールニクは数学者であり、自分の専門知識を国際ジャッジシステム(IJS)創出に役立てた教授だ。現在彼は、システムの改善と、それを観客により理解出来るものにするために取り組んでいる。)
 
ISU副会長アレクサンドル・ラケールニクは、フィギュアスケーターの二つのプログラムが将来どうなるべきかについて、自分の考えを述べた。
 
「現在これら二つのプログラムは、あまりにも似ており、違いは、ただ、難しいエレメンツの数だけで、例えば、シングルスケートで言えば、ジャンプの数だけだ。長期計画は — 二つの全く異なるプログラムを持つことだ:より技術的なプログラムを一つと、より芸術的プログラムを一つだ。
 
技術的プログラムは、何か、現在のショートやフリープログラムのようなものになるのかもしれない。芸術的プログラムは、プログラムプレゼンテーションに重点を置いて、難しいエレメンツはもっと少なくなるかもしれない。
 
これらの二つのプログラムは、同じ長さになる可能性がある。このようにして、技術的面での勝利者、芸術的面での勝利者、それにもしかしたら総合優勝者を有することで、われわれはメダルの数を増やすことが可能だ」。ラケールニクはこのように語った。
 
文:Doctor of Philosophy  / 出典:www.icenetwork.com 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/21(日) 00:26:33|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/08/20 アデリーナ・ソトニコワ「ソチでは皆、ここはロシアの自分の場所だと感じる」 | ホーム | 2016/08/18 羽生結弦。トリプルアクセルの進化 〜その②〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1981-32d8dcab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)