富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その②〜

あれこれ

2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その②〜

 http://www.sports.ru/tribuna/blogs/natalie/1026946.html
 
2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その②〜
 
====前回の続き====
ミラノで何回か試技スケートをやった後、ティモシー・コレトは将来の運命を決する重要な決断をした — バーバラ・フーザル=ポリのグループに移り、小松原美里とペアを組むことを。この時までに彼女もパートナーと別れ、新パートナーを探していた。
 
日本代表として滑るという決断は、彼らに必要な援助を授けるばかりでなく、今や二人の共通の夢となった2018年オリンピックへ出場するチャンスを広げることになる。
 
二人は多くの共通点を見出し、急速に相互理解を深めた。氷上はもちろん、氷以外でのスキルを磨くために、彼らは1分たりとも無駄にせず、一つ一つの機会を利用している。二人のペアは情熱に満ち、移籍による出場停止期間が終えたらすぐに自分たちのプログラムを披露出来るよう準備をしている。
 
来たるべきシーズン、彼ら自身が自らに名付けた「コマンドKoKo」は、私たちに次のプログラムを披露してくれる:ショートダンスは、クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)の「マーシー・オン・ミー(”Mercy on Me”)」と「キャンディマン(”Candyman”)、フリーダンスは、ルチア・ミカレリィ(Lucia Micarell)の「ノクターン/ボヘミアン・ラプソディ(”Nocturne/Bohemian Rhapsody”)。プログラムへの取り組みには、その振付けで既に定評のある著名なフィギュアスケーター、クリストファー・ディーンが積極的に参加している。
 
もしかしたら、まさにこの小松原/コレト組が、アイスダンスにおける日本待望の成功をもたらすかも知れない。
(筆者:Lucie)
 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/25(木) 01:47:04|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2016/08/23 エテリ・トゥトベリーゼ「メドヴェージェワに、あるフリープログラムを作ったが、音楽があまり気に入らずに全て作り変えた」 | ホーム | 2016/08/23 日本にアイスダンスは・・・ある? 〜その①〜>>

コメント

Re: ありがとうございます。

お礼のお返事が大変遅れまして、ゴメンなさい。
シェアありがとうございます。
少しでも、もしお役に立てたなら嬉しいです。
これからもよろしく。asappo

> 日本語訳、ありがとうございました。
> やっと意味がわかりました。
> 感謝致します。
> シェアさせて頂きました。
  1. 2016/09/04(日) 01:18:44 |
  2. URL |
  3. asappo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/1985-e59979ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </