あれこれ

2016/09/05 ロシアのフィギュアスケーターは、シーズンに向けてどんな準備をしているか? 〜その②〜 

 http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/925081
 
2016/09/05 魔術師たちと魔法使いたち。ロシアのフィギュアスケーターたちは、シーズンに向けてどのように準備をしているか? 
 
(アンドレイ・シモネンコ)
日曜日(4日)、フィギュアスケートロシア代表チームメンバーの大部分がモスクワでのショーMagic on Iceに出演し、今シーズン初めて観衆の前に姿を見せた。今週末にはソチで、代表チームの全メンバーが「シャイバ」アリーナでの公開スケートに参加する。リーダーたちがどのように今シーズンに向けて準備をしているかをSovsport.ruが語る。
 
エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ
 
世界女王はこの夏日本でアニメのヒロイン、セーラームーンのイメージでエキシビジョンナンバーを滑り、日出ずる国での自分のファン数を膨大と言える程増やした。
新シーズンの競技用プログラムはソチでの公開スケートまで秘密を保っているが、しかし、それらは昨シーズンの魅惑的なフリー同様、イリヤ・アヴェルブーフが作ったことが分かっている。
 
エレーナ・ラジオーノワ
 
ヨーロッパ準女王もまたアジアのファンたちの心を奪う機会を逃さなかったが、こちらは韓国でキム・ユナの夏のショーに腕白な女生徒のコスチュームで出演した。
ソチでの滑りではどのようなコスチュームでラジオーノワが登場するのかは週末に分かるが、ショートプログラムをエレーナは、カナダの有名な元アイスダンスの選手だったシェイ=リーン・ボーンの下で作ったことが明らかになっている。
 
アンナ・ポゴリーラヤ
 
ファンたちは、じりじりと待ちきれないでいる:2016年世界選手権銅メダリストはソチで、現代の最も独創的なフィギュアスケーターかもしれないミーシャ・ジーとの協働の成果を披露する筈だ。これはショートプログラムだろう。その後は、もっと首を長くして彼が作ったエキシビジョンナンバーを待つことになるかもしれない。
 
アデリーナ・ソートニコワ
 
昨シーズンのロシア選手権では6位にとどまったオリンピック女王は、降参することなく、それがチャンピオンたちのチャンピオンたる所以であろうが、新シーズンに向けた準備に食らいついた。元に戻ることは困難だろうが、しかし、アデリーナの滑りの魔術に関して言えば、それに比肩できる人は、おそらく、今誰もいないだろう。ただジャンプの安定性を取り戻すことだ。この点では、エレーナ・ブヤーノワのグループに移行して来た世界ジュニア準女王マリーヤ・ソーツコワとのスパーリングが助けになるかもしれない。
 
ヴィクトーリヤ・シニーツィナ/ニキータ・カツァラーポフ組
 
一緒になって3シーズン目のスタートを前に、マリーナ・ズーエワの生徒である彼らは「ルジニキ」のリンクでのショーに出演し、観衆の前で滑った。自分たちの十八番である魅惑的スタイルでエキシビジョンナンバーを。新プログラムに関しては、ここではロシアの伝統に則り全てが秘される。その代わり、待つ時間はもう長くはない:この三年で初めて、シニーツィナとカツァラーポフは9月の代表チームの滑りに参加する。
 
エレーナ・イリイヌィフ/ルスラン・ジガンシン組
 
ソチオリンピック後に解散したエレーナ・イリイヌィフとニキータ・カツァラーポフの戦いは、より一層根本的なものとなった — だって、彼らと新しいパートナーたちが共に働いているコーチたちもまた、かつてチームを組んで一緒に働いていたのだから。イリイヌィフとジガンシンは今、イーゴリ・シュピリバンドの下にいて、シニーツィナとカツァラーポフもまた同じくデトロイト郊外のマリーナ・ズーエワの下にいる。フィギュアスケートの才能たちの行く道は何処へ・・・
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/08(木) 01:12:48|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/09/05 ロシアのフィギュアスケーターは、シーズンに向けてどんな準備をしているか? 〜その③〜  | ホーム | 2016/09/05 ロシアのフィギュアスケーターは、シーズンに向けてどんな準備をしているか? 〜その①〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2001-5ba9e6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)