あれこれ 2016/09/10 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「いかなる落下も飛躍も予定していない」

あれこれ

2016/09/10 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「いかなる落下も飛躍も予定していない」

 http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/926080
 
2016/09/10 エリザヴェータ・トゥクタムイシェワ「いかなる落下も飛躍も予定していない」
 
(アンドレイ・シモネンコ)
—エリザヴェータ、ショートプログラムのテストスケートでは全部が上手く行った訳ではありませんでしたね。これはまだシーズン初めだからですか?
 
「はい、まだ試合経験がありません。私は2月から出場していませんから。試合勘を失いました。しかし全体として、私はここで良い滑りをしましたし、自分の練習にも満足しています。今既にもっと良い滑りを披露する準備は出来ていたのですが、感情的ファクターを克服するのが不十分でした」。
 
—ショートプログラムは、あなたがあまり慣れていない叙情的スタイルで作られましたが・・・
 
「このプログラムを作ったのは、私の振付師タチヤーナ・ニコラエヴナ・プロコフィエワです。不慣れだということに関しては・・・基本的に私はずっとタンゴかオリエンタルを滑っていた訳ではありません。音楽を私はすぐに気に入りましたし、私にはそれが似合っていると皆で直ちに決定したのでした。それに私のスタイルに対応した発展があります。ですから私には疑いは無かったのです」。
 
—トリプルアクセルは現在どのような状態ですか?
 
「私はそれを練習しています。恐怖のために回りきることが出来なかったり、頭のなかにちょっとしたブロックがあったり、そんな時がありました。しかし私はそれを克服し、ジャンプを回復し始めました。やっています。しかし、安定性はまだありません」。
 
—昨シーズン心配だった健康問題は、もうありませんか?
 
「くわばら、くわばら、口にしたらダメになりそうで怖いわ(訳注:良いことを前もって口にすると壊れるという迷信)、でも調子は良いです。足の痛みのファクターをコントロールしています。もし突然痛んだら、すぐに注意しています。なぜなら私が滑っている限り、これは私の永遠の問題なのです」。
 
—春には悲しい気分でした。今はいかがですか?
 
「普通の気分ですし、愚痴を言ったりしていません。いかなる落下も飛躍も予定していません。落ち着いて良い滑りをしたいと思います」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/11(日) 23:30:35|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/09/11 ソチのテストスケートで誰が皆を喜ばせたか | ホーム | 2016/09/11 エレーナ・ラジオノワ「新ショートプログラムはひょうきんだけれど、真面目なもの」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2006-06b78d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)