あれこれ

2016/09/17 アレクサンドル・サマーリン「フリープログラムは、(ショートのことを考えずに)白紙の状態から始めた」

 http://www.fsrussia.ru/intervyu/2369-aleksandr-samarin-proizvolnuyu-programmu-nachal-s-chistogo-lista.html
 
2016/09/17 アレクサンドル・サマーリン「フリープログラムは、(ショートのことを考えずに)白紙の状態から始めた」
 
(オリガ・エルモーリナ)
アレクサンドル・サマーリンは、ジュニアグランプリサランスク大会男子シングルの勝利者となった(SP73.34、FS154.99 、TS228.33)。しかし、競技後のコメントで彼は、自分に非常に厳しかった。成功にもかかわらず、多少の非難を免れぬ滑りだったと言い、一回の試合毎に進歩することを約束した。
 
—サーシャ、昨日のショートプログラムの後、あなたはフリーでは失敗は許されないと発言していましたから、フリープログラムに向かって行くのは、とても難しかったでしょうね?
 
「そうですね。一面ではより難しかった。なぜならあまり良い出来ではなかったショートプログラムの後で(73.34、1位)、名誉回復しなければならなかった。しかしもう一方では、奇妙なことに僕は全く緊張を感じなかった。白紙の状態から始め、自由に軽快に滑ろうとした。そしてこのことは非常に強い助けになった」。
 
—自分の滑りに不満はありますか?
 
「全てが上手く行った訳ではなかった。自分への不満はたくさんある。予定していたことの最大限は出来なかったが、大部分は克服した。僕のコーチたちのスヴェトラーナ・ヴラジーミロヴナ(・ソコローフスカヤ)、サーシャ(アレクサンドル)・ウスペンスキー、それに振付師のイリヤ・グルィリョーフ、マルガリータ・ロモネンコ、マクシム・ザヴォーズィンに深く感謝している。彼ら全員が、色々な創造的なアイディアを僕に注ぎ込んでくれ、貢献してくださった。僕はそれを吸収し、頑張った。今シーズンは彼らのアイディアを一試合ごとにどんどん多く伝えて行くつもりだし、自分自身も大きく進歩していけるようにしたい」。
 
—この試合を経験して、これからはもう、より自信を持って滑れるでしょう?
 
「自信は去年のジュニア世界選手権の後で生まれた。なぜなら、僕は間違った調整の仕方をしていたから」。
 
—何が間違っていたのですか?
 
「それは自分自身の気持ちで、そのことを僕とコーチで話し合った」。
 
—自分自身を追い詰めたのですか?
 
「それもある。だから世界選手権での滑りは非常に有益だったのだ。あの時のパフォーマンスは僕にとって大きな経験になった。あのようなことを決して繰り返さないように、今は全てのことをやるつもりでいる」。
 
—ここでのような滑りだったら、大きな大会に行けると言われています。
 
「多くのことが言われ、多くのことがインターネットで書かれている。僕は全て読んでいる」。
 
—なぜ?
 
「他の人たちの意見に興味があるからだ。それはある程度、証明しようとする気持ちに急き立てる。誰かに何かを証明するのではなく、言われたり書かれたりしていることの全てよりも自分は上なのだということを自分自身に証明するのだ」。
 
—多くのフィギュアスケーターたちは、インターネットを読むことを止めています。あまりにも多くの不正が流れ出ていると考えています。
 
「僕はそうではない。ある者は読み、ある者は読まない。僕は、悪用はしないが、自分のことや自分のプログラムのことを周りの人たちがどう思っているのかを理解することに、時々ただ興味があるのだ。それは外からの目線だ。人々の好みは様々だけれど、大部分の人たちを満足させられるようなプログラムを作らなければならない」。
 
—この大会の後、プログラムやパフォーマンスに関する周囲の人たちの意見を読むことになるでしょう。あなたの意見は?
 
「今回は僕の最初の試合だったが、僕は100%全力を尽くした訳ではなかった。少し自分を抑えた。多少の問題はあったが全体として僕は満足だし、ショートプログラム後に名誉回復が出来た」。
 
—このプログラムの全てを気に入っていますか? やり易いですか?
 
「イリヤ・グルィリョーフ、マルガリータ・ユーリエヴナ、マクシム・ザヴォーズィンと一緒に、外から見て全てが美しく見えるように、僕に合っているように、最初の数秒で僕が消耗しないように作っている。これは非常に繊細で丹念な仕事で、とても多くの時間がかかっている」。
 
—もちろん、エレメンツ無しのプログラムはプログラムではありませんが、どのような内容なのか簡単に話せますか?
 
「このプログラムは、恋愛の部類に入る。そういう趣旨で僕たちは作った。主人公の逡巡だ。彼女か、彼女無しの自分の人生か、どちらがより重要なのか、彼は選択出来ないでいるのだ」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/18(日) 01:53:11|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/09/18 アレクセイ・ミーシン「ガチンスキーをコーチとして受け入れたのは、私のスケーターだから」 | ホーム | 2016/09/15 セルゲイ・ヴォロノフ「今シーズンは、自分に高いレベルで十分に競争力があることを証明したい」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2012-55124c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)