富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/10/01 アレクサンドル・ラケールニク「マリーヤ・ソーツコワはネペラ・メモリアルでロシア連盟の期待に応えた」

あれこれ

2016/10/01 アレクサンドル・ラケールニク「マリーヤ・ソーツコワはネペラ・メモリアルでロシア連盟の期待に応えた」

 http://rsport.ru/figure_skating/20161001/1106238400.html
 
2016/10/01 アレクサンドル・ラケールニク「マリーヤ・ソーツコワはネペラ・メモリアルでロシア連盟の期待に応えた」
 
モスクワ、10月1日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
2016/17シーズンがシニアデビューとなったロシアのフィギュアスケーター、マリーヤ・ソーツコワは、今のところ、ロシアフィギュアスケート連盟と彼女のコーチ、エレーナ・ブヤーノワの期待に沿った滑りを見せている、とロシア連盟副会長、ISU副会長アレクサンドル・ラケールニクはR-Sportに語った。
 
16歳のソーツコワは、金曜日、ブラチスラバでのチャレンジャーシリーズ大会オンドレイ・ネペラ・メモリアルで189.96点を得て、2014年オリンピック団体戦女王ユーリヤ・リプニーツカヤ(165.46)をかわし勝利した。昨シーズン後、ソーツコワは、コーチのスヴェトラーナ・パノーワのグループからCSKAのエレーナ・ブヤーノワの下へ移行した。
 
「ソーツコワはわれわれが期待しているもの、彼女を採用した時にエレーナ・ゲルマーノヴナ・ブヤーノワが期待したものを見せた。彼女は二つのプログラムを良く克服した。マーシャは年齢から言えばジュニアに残れたにもかかわらずシニアに移行し、新しいレベルの初めての大会を非常に成功裏に進めて十分大きな得点を上げ、エレメンツ実行の質から言っても良いプログラムを見せた」。ラケールニクは電話で語った。
 
「彼女のフリーは、ショートよりも常にいくらか良くなる。しかし、今回は二つのプログラムともに良かった。彼女は提起された課題を克服しつつあるところだが、全ては正しい方向に進んでいる」。
 
しかし、ラケールニクは、現時点でソーツコワをロシア代表チームのNo.3に挙げることは差し控えた。
 
「いや、今のところ何も言うことは出来ない。ロシアには熾烈な競争がある。No.1とNo.2(エヴゲーニヤ・メドヴェージェワとアンナ・ポゴリーラヤ)でさえ、大きな保留条件つきでやっとそう呼べるほどだ。ロシア選手権で一つのジャンプが抜けることが、メダルやヨーロッパ選手権、世界選手権を逃すことにつながる可能性がある。
 
よって、私は彼女たちに順番をつけることはしない。おそらくジェーニャ・メドヴェージェワは、世界女王としてNo.1と呼ばれるにふさわしいかもしれない。しかし、彼女もまた自分の状態を証明しなければならない。ロシア女子シングルスケートには、シニアもジュニアも、あまりにも厳しい競争がある。少し震える程だ」。ラケールニクはそう締めくくった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/01(土) 22:53:53|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/10/01 アレクサンドル・ラケールニク「リプニツカヤのフリープログラムは、彼女の課題のレベルに相応していない」 | ホーム | 2016/09/29 音楽を止めてくれ。何がユリヤ・リプニツカヤのシーズン初戦を邪魔したのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2027-45c9823f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </