あれこれ

2016/10/03 アレクサンドル・ラケールニク「ショーはソトニコワにとって有益なものかもしれないが、競技に戻るのは困難になるだろう」

 http://rsport.ru/figure_skating/20161003/1108639973.html
 
2016/10/03 アレクサンドル・ラケールニク「ショーはソートニコワにとって有益なものかもしれないが、競技に戻るのは困難になるだろう」
 
モスクワ、10月3日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
女子シングルスケート2014年オリンピック女王アデリーナ・ソートニコワにとってショープロジェクトへの出演は、ある程度有益なものかもしれないが、その後競技スポーツに完全に戻るためには、大変な努力を要することになるだろう。ロシアフィギュアスケート連盟副会長アレクサンドル・ラケールニクは、R-Sportにこのように語った。
 
ソートニコワは、9月にソチで行われたロシア代表メンバーのテストスケートで新プログラムを披露したが、その後テレビ第1チャンネルのショー「氷河時代」への出演依頼を受諾した。
 
「このショーへの出演は長期間を意味しており、その間彼女は特段練習をしない」。ラケールニクは電話で語った。「アデリーナのケースは、彼女の願望と彼女の健康に全てが左右される。ソチでのテストスケートの時、彼女がどのような状態にあるのかを私は見た。ジャンプの面では、十分なレベルにあり、彼女の最高時のコンディションからそれ程遠くにある訳ではなかった。スピンの面では、腰に問題があり、おそらくこのことが、大きな負荷を無くすために『氷河時代』で滑りたいという願望と結びついたのかもしれない」。
 
「なぜなら、もし腰がうまくいかなかったら、彼女がやっていたようなレベルで競技するのは非常に困難だからだ。痛みと戦いながら今後滑るとしたら、良いことには何もならない。待たなければならないが、そのような長い中断の後では、戻るのは非常に難しくなるだろう。
 
実際は、どのようなことでも起こる。(ソチオリンピック銅メダリスト、イタリアの)カロリーナ・コストナーが、非常に長い中断の後、何を見せるのかを注視してみよう。少なくともソートニコワは、例えそれ程成功した訳ではないにしろ、昨シーズンの競技会には出場していた」。ラケールニクはこう付け加えた。
 
ソートニコワはソチオリンピックで金メダルを獲得した後、怪我のため2014/15シーズンを欠場した。2015/16シーズンは、彼女はロシア選手権で6位になり、出場した唯一のグランプリ大会では3位となった。
 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/04(火) 02:32:50|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/10/02 セルゲイ・ヴォロノフ「アレクサンドル・スミルノフには将来、輝かしいコーチの道が開けているだろう」 | ホーム | 2016/10/01 インナ・ゴンチャレンコ「エレーナ・ラジオーノワは全快し、元気に練習している」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2032-f8260890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)