富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/10/06 氷が溶けた。表情豊かなアンナ・ポゴリラヤは、「フィンランディア・トロフィー」のリーダーに躍り出た

あれこれ

2016/10/06 氷が溶けた。表情豊かなアンナ・ポゴリラヤは、「フィンランディア・トロフィー」のリーダーに躍り出た

http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/931419
 
2016/10/06 氷が溶けた。表情豊かなアンナ・ポゴリーラヤは、「フィンランディア・トロフィー」のリーダーに躍り出た
 
====一部抜粋====
 
(アンドレイ・シモネンコ)
ロシアのフィギュアスケーター、アンナ・ポゴリーラヤは、過去を振り切ったかのような鮮やかさで、新シーズンを開始した。2016年世界選手権銅メダリストは、自分のシーズン最初の公式試合、エスポーでの「フィンランディア・トロフィー」ショートプログラムにおいて、映画「Scent of a Woman 女の香り」の音楽に乗り炎のタンゴを、ほぼミスなく演じ、主導権を握った。
 
「フィンランディア・トロフィー」大会、試合開始前の朝の練習に一番多くやって来たのは、どんな人たちか? 現地の学校の生徒たちでもなく、学生たちでもなく、兵士たちでもない。それは・・・日本人たちだ。
 
驚くべきことだが、日出ずる国の住民たちにおけるフィギュアスケート愛は、国境など知らないらしい。だってエスポーで行われているのは、グランプリ大会でさえなく、普通の「チェレンジャー」シリーズ大会だ。しかし、そこに三度の世界女王、浅田真央がエントリーすると — 何百人かの日本人から成る上陸部隊がフィンランドに出現した。またそれと一緒に、30人程のジャーナリストたち。そして浅田がトレーニングに出た途端、数多くのカメラのシャッターが一斉に音を立てる — まるで自動小銃のように。
 
実のところ、「フィンランディア・トロフィー」第21回大会は、やはり特別な意味を持っている。今年の世界選手権がヘルシンキで行われるからだ。エスポーでメインの練習が行われるとの話は、間違いだ — アリーナも別だし、スケジュールも一致しない。しかし、フィンランドで滑るのはどんなものか、特に飛行機の旅の後の時差や気候を経験することは、基本的に出来るのだ。
 
こうして、土地の氷を試すためにペアスケートの現世界チャンピオン、メーガン・デュアメル/エリック・ラドフォードや、同じカナダの三度の世界チャンピオン、パトリック・チャンもやって来た。そして浅田もいらっしゃった。今後の世界選手権との完全な類似を保障して — だってあそこの会場も半分は日本のものになるだろう。
 
木曜日の夜、日本人たちが再び「エスポー・メトロ・アリーナ」の観客席に集まって来た。彼らのお気に入り真央対三人のロシア娘だ — これはこの大会の最も威力のある筋書きだ。ついでに言えば、浅田は最終滑走だ — これは神経のある人間であれば、フィギュアスケーターの誰もが好まない順番だ。
 
優勝候補のなかで最初に登場したのはトゥクタムィシェワだ。実を言えば彼女がこのステータスにいるのは、理論上のことだ。実践では、エリザヴェータは自分の力に自信を持つために、今のところ、易しくしたバージョンのプログラムを滑っている。しかし、ウルトラCのエレメンツが無いので、大きなポイントが得られない。それでミーシン教授の生徒である彼女は、少し前に演技したカナダのケイトリン・オスモンドに及ばなかった。
 
その後アリーナが暑くなった。これはポゴリーラヤがタンゴを滑るために出て来たのだ — そのプログラムを彼女に作ったのは、才能あるスケーターであり、振付師でもあるウズベキスタンのミーシャ・ジーだ。女子スケーターが大人になったと言われる時、それはしばしば身長や体の変化のことを指す。しかし、実際には人間の人生における成人は、新しい感情の出現を意味するのだ。そして芸術家気質は、これらの感情を観衆に伝える能力を発見する。アンナは氷上で様々なものになることを学んだ — 例えば今シーズンのショートプログラムで言えば、セクシーになることを。この日エスポーの氷が溶けた — もしアルゼンチンの人々が、フィギュアスケートの何たるかを知っているなら、ポゴリーラヤは彼らのアイドルになるだろう。
 
浅田もいくつかのことで驚かせた。現代的振付けが満載の彼女のプログラムは、全く新しい面の彼女を見せて、ヒットだ。しかし彼女はまだ、3-3のコンビネーションジャンプをやらずに、エレメンツの難易度を高めていない。そのことでこの夜の主要なスターとなったポゴリーラヤに顕著な遅れを取ることとなった。 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/08(土) 03:27:01|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/10/08 アンナ・ポゴリラヤ「転倒はしなかったが、良い滑りだったとも言えない」 | ホーム | 2016/10/04 二度の多幸感。「日本のガガーリン」は新たな宇宙的高度を取った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2036-c95c08bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </