富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/10/13 ピョートル・チェルヌィショーフ「アデリーナ・ソトニコワの性格のなかには、力も強さもある」

あれこれ

2016/10/13 ピョートル・チェルヌィショーフ「アデリーナ・ソトニコワの性格のなかには、力も強さもある」

 http://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/petr-chernyshev-figurnoe-katanie-dvizhetsya-v-storonu-shou-biznesa-1054382/
 
2016/10/13 ピョートル・チェルヌィショーフ「フィギュアスケートはショービジネスの方向へ進んでいる」③
 
====一部抜粋====
 
(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ)
—あなたの同業者の多くの人たちは、オフシーズンに十分に多数と言えるプログラムを作っています。振付師には、それを超えると同じことを繰り返し始めるという限界のようなものはあるのでしょうか?
 
ピョートル・チェルヌィショーフ:「実は僕は、一度にいくつかのプログラムを同時に作ることが出来る人たちを羨ましく思っている。僕自身は仕事が非常に遅い、例外はあるにせよ。例えば、マーシャ・ソーツコワと僕は今シーズンのフリープログラムをたった三日で作った。
 
すぐにではなく時間をかけて出来上がって行くプログラム作りにも、肯定的な面はある:スケーターが何らかの動きの様々なバリエーションや、エレメンツの様々な結合を試みる時、それもまた、創造的面で彼を非常に生長させるのだ — その後全選手生活を通して利用出来る『表現語彙』そのものが蓄積されるからだ」。
 
—しかし、あなたが何らかの振付け上の決定を提案した時に、スケーターが気に入らないと感じ、それをやるのを断固として拒否する、というようなことも恐らくあるのではないですか?
 
「そのような経験は、僕には全く無かった。ただ例外として思い出せるとしたら、メリル・デイヴィスとチャーリー・ホワイトとの仕事だ:それは彼らが一緒に滑り始めたばかりの時で、デュエットとは見えずに二人のシングルスケーターのようだったのに、何故だかペアが結成された。彼らは当時10〜11歳位だった。メリルとチャーリーがソチオリンピックチャンピオンになった時、僕たちは正に、僕が彼らに作ったあのフリープログラムを思い出していた。まさしくあのプログラムから、アイスダンスにおけるデイヴィス/ホワイト組の選手生活が始まったのだ」。
 
—もうひとつ、今シーズンあなたがアデリーナ・ソートニコワのために作ったショートプログラムの「闘牛士」も、彼女が競技に復帰することをひたすら促しているように私には思えました。それはもしかしたら、私があまりにも強く、大きな大会で彼女を再び見たいと願っているからかもしれませんが。
 
「アデリーナと一緒に作った全てのプログラムに、大体僕は満足している。有名なスペインの振付師の一人がある時こう言った:最高クラスの材料がある時に、悪いパンを焼くのは非常に難しい、と。ここでもそうだ。アデリーナは、信じがたい程の動きの才能を備えている上に、素晴らしい働き者だ。良いプログラムは、競技の結果と同様に、大きな努力無しにはあり得ないのだ。
 
今回のショートプログラムに関して言えば、それは本当に特別なものだ。何故なら、競技において女性闘牛士のイメージを取りあげた人は、まだ誰もいなかった筈だから。アデリーナが以前のプログラムの一つでカルメンのイメージを素晴らしく解釈、具象化した後、同じオペラの全く別のイメージを彼女に提案してみようという考えが僕の頭に浮かんだ。それは彼女に似合っている:アデリーナの性格のなかには、力も強さもあるからだ」。
 
—もし考えた演出が、何らかの理由により進まなくなった時には、あなたはそれにこだわり続けますか、それとも課題を変更しますか?
 
「作品の危機は、僕の場合大抵他のことで現れる:何の理由もなく突然頭から全てのアイディアが消えるのだ。これが起こるのは大抵、時間にひどく急かされる時に起こる」。
 
—その状態からどのように抜け出すのですか?
 
「ノンストップで音楽を聴き始める。その時非常に重要なのは、仕事のプロセスから何によっても逸(そ)らされないよう、妨げられないようにすることだ。創造的思考 — それは非常に『するすると、よどみない』ものだと、僕なら言うだろう。何らかの不変の量ではなく、絶えず展開し続ける何かだ。ほんの一瞬でも何か他のことを考えたなら、思考は去って、もう戻って来ないかもしれない。この点では僕は確かに、同時にいくつもの仕事が出来たジュリアス・シーザーではない。だから、実を言えば、同時に二つのプログラムを作ることは全く出来ないのだ」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/18(火) 02:37:19|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/10/17 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「アニメの中で、ロシアのジュニア選手に対する日本人の認識が面白い」 | ホーム | 2016/10/15 アンゲリーナ・トゥレーンコ「自分の勝利に対しアナスタシーヤ・グバーノワは、良い仕事をした時のように冷静だった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2045-a5db0577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </