富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/10/25 タマーラ・モスクヴィナ「Skate Canadaを前にしてカワグチとスミルノフは良いコンディションにある」

あれこれ

2016/10/25 タマーラ・モスクヴィナ「Skate Canadaを前にしてカワグチとスミルノフは良いコンディションにある」

 http://tass.ru/sport/3731278
 
2016/10/25 タマーラ・モスクヴィナ「Skate Canadaを前にしてカワグチとスミルノフは良いコンディションにある」
 
モスクワ、10月25日、TASS特派員ヴェロニカ・ソヴェートワ。
ロシアのフィギュアスケーター、ユーコ・カワグチとアレクサンドル・スミルノフは、カワグチのアキレス腱断裂という重い怪我による中断を経て、自分たちの最初のグランプリ大会を迎えるが、現在良いコンディションにある。このようにTASSに語ったのは、コーチのタマーラ・モスクヴィナだ。
 
二人はプレオリンピックシーズンを、スロバキアのオンドレイ・ネペラ・メモリアル大会への出場から開始した。そこで彼らは2位になった。あのような重い怪我の後、多くの人々が現役引退を予想したのだったが。
 
「今シーズン、ユーコとアレクサンドルは既にネペラ・メモリアルと、その後サンクトペテルブルクでのパーニン・メモリアルに出場しました。パーニン・メモリアルではショートプログラムだけを滑りましたが、カナダへの遠征を前にリスクを取らないことに決めたからです」。モスクヴィナは語った。「現在二人のアスリートは良いコンディションにあり、大会と、籤でこの大会に当たったライバルたちとの戦いを心待ちにしています」。
 
モスクヴィナの話では、カワグチの怪我は治癒したと言う。「ユーコは普通に滑っていますし、スロージャンプもやっており、四回転スロージャンプも試みています。もちろん、激しい練習では、時折、足が痛みますが、あの時から1年近くが過ぎましたから」。モスクヴィナはこう説明した。
 
パートナーのアレクサンドル・スミルノフは、カワグチの回復を待つ期間、コーチの仕事を行っており、リトアニアのペア、ゴダ・ブトクイテ/ニキータ・エルモラーエフ組と一緒に働いた。モスクヴィナの考えでは、これは彼にとって有益な経験だった。「コーチをやってみれば、選手としては決して信じなかったような多くのことを知ることが出来ます。それは彼にとって良い学校でした」。
 
カワグチとスミルノフは、10月28~30日にミシソーガ(オンタリオ州)で行われるグランプリシリーズ第二戦「スケート・カナダ」大会に出場する。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/10/27(木) 18:41:15|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/10/25 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「エヴゲーニヤ・メドヴェージェワは今のところ無敵です」 | ホーム | 2016/10/24 セルゲイ・ヴォロノフ「今日は自分が出来ることをやった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2054-3862b496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </