富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/11/04 日本のスケーター宇野昌磨は、ショートプログラムの演技を、全体として満足だが多少の非難の余地はあると語った。

あれこれ

2016/11/04 日本のスケーター宇野昌磨は、ショートプログラムの演技を、全体として満足だが多少の非難の余地はあると語った。

 http://rsport.ru/figure_skating/20161104/1111783344.html
 
2016/11/04 日本のフィギュアスケーター宇野昌磨は、グランプリモスクワ大会ショートプログラムの自分の演技を、多少の非難の余地はあると語った。
 
モスクワ、11月4日、R-Sport、エレーナ・ジヤチコーワ。
18歳の日本のフィギュアスケーター宇野昌磨は、グランプリシリーズモスクワ大会ショートプログラムでの自分の演技を、多少の非難の余地はあるものだったと語った。
 
宇野はショートプログラムで98.59ポイントを獲得し、自己ベスト記録を更新した。彼は、自分のグランプリシリーズ初戦のシカゴで行われた「スケート・アメリカ」では、大会初日に89.19ポイントを獲得し1位、その後のフリーも1位で、勝利をものにしている。
 
「今日の滑りは、多少の非難の余地はあるものだったと思います。若干のミスがありました。もちろん、修正しなくてはなりません。しかし、全体としては自分の演技に満足していますし、上手く行きました」。宇野はこのように記者たちに語った。
 
フリープログラムは土曜日に行われる。

 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/05(土) 02:04:17|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/11/04 ハビエル・フェルナンデス「7ポイントの遅れを挽回出来ることを願うが、簡単ではないだろう」 | ホーム | 2016/11/04 ミハイル・コリャダー「トリプルアクセルのミスは、まだ説明出来ない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2067-53ad32a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </