あれこれ 2016/11/06 イリヤ・アヴェルブーフ「もしリプニツカヤが失敗にめげなかったら、世界選手権、ヨーロッパ選手権代表入りを目指して戦えるだろう」

あれこれ

2016/11/06 イリヤ・アヴェルブーフ「もしリプニツカヤが失敗にめげなかったら、世界選手権、ヨーロッパ選手権代表入りを目指して戦えるだろう」

 http://rsport.ru/figure_skating/20161106/1111874569.html
 
2016/11/06 イリヤ・アヴェルブーフ「もしリプニーツカヤが失敗にめげなかったら、世界選手権、ヨーロッパ選権代表入りを目指して戦えるだろう」
 
モスクワ、11月6日、R-Sport、オレーク・ボガートフ。
2014年ソチオリンピック団体戦オリンピック女王、フィギュアスケーター、ユーリヤ・リプニーツカヤは、もし今回の大会の失敗を克服出来たなら、ヨーロッパ選手権、世界選手権代表入りを目指して戦えるだろう。このようにR-Sportに語ったのは、2002年オリンピック銀メダリスト、有名な振付師のイリヤ・アヴェルブーフだ。
 
リプニーツカヤは10月、怪我のためにアメリカでのグランプリ大会を欠場した。モスクワのグランプリ大会では、ショートプログラムで3位だったが、フリープログラムでは、足の怪我のために数分間中断を余儀なくされ、総合成績は最後尾の12位となった。
 
「ユーリャは立派にやっている。今シーズン、外見からの姿形が、本当にとても素晴らしく見える」。アヴェルブーフは電話で語った。「彼女は自分のコンディションを取り戻したのだ。フリープログラムの彼女のコスチュームを僕は大変気に入っているし、彼女は鮮やかに目立って見える。
 
一方滑りのレベルについて言うとすれば、それはもう少し待たなければならない。コーチのアレクセイ・ウルマーノフと膨大な仕事をしたことが見て取れる。今のところ、成果はまだ全部は見えていない。
 
しかし、もし、コーチとリプニーツカヤがこのような困難なシーズン入りにめげなければ、彼女もヨーロッパ選手権、世界選手権代表メンバー入りを目指して戦えるだろう」。
 
「もちろん、ロシア代表の座をめぐる競争は非常に激しい。なぜなら、5人の女子選手が3つの座を狙っているのだ。エヴゲーニヤ・メドヴェージェワとアンナ・ポゴリーラヤは文句なく代表チームに入るだろう。しかし、三番目の座は、エレーナ・ラジオーノワ、ユーリヤ・リプニーツカヤ、エリザヴェータ・トゥクタムイシェワの間の戦いになるだろう」。
アヴェルブーフはこのように語った。

 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/06(日) 22:30:43|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/11/05 ヴァイツェホフスカヤ「フェルナンデスの滑りは自然で、皮肉交じりだった」 | ホーム | 2016/11/05 アレクセイ・ウルマーノフ「何が起こったのか、これから詳しく調べる」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2072-a5d3b119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)