あれこれ

2016/11/09 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムィシェワは、昨年のフリープログラム『ペール・ギュント』に戻った」

 http://rsport.ru/figure_skating/20161109/1112026270.html
 
2016/11/09 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムイシェワは、昨年のフリープログラム『ペール・ギュント』に戻った」
 
モスクワ、11月9日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
女子シングルスケート2015年世界女王エリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、フリープログラムを変更し、昨年のヴァージョンに戻ると、コーチのミーシンがR-Sportに語った。
 
トゥクタムイシェワは、映画「クレオパトラ」の音楽で振付師エマニュエル・サンデュが作った作品をフリープログラムに据えて、シーズンを開始した。2015年に「ペール・ギュント」を振付けたのは、ステファン・ランビエールだった。
 
「これまでの試合の結果を考慮し、私は、『ペール・ギュント』の音楽に基づくフリープログラムに変更する決断をした。これは昨年のプログラムだが、リーザはそれをほんの数回しか滑らなかった」。このようにミーシンは電話で語った。
 
「しかし、困難なことに、プログラムは変更したが、リーザ自身は熱があって床についており、リンクに出られない。おそらく土曜日と日曜日は準備に充てられるだろう。火曜日にはもう中国に向け出発する。
 
われわれは、フリープログラムに新しい精彩を取り込むことが非常に必要なのだが、現時点ではステファンとリーザは、1時間ずつ二回仕事をしたきりだ」。専門家の彼はこう付け加えた。
 
彼によれば、今シーズンのプログラム「クレオパトラ」は、トゥクタムイシェワには合わなかったという。「われわれは『クレオパトラ』を、クフ王のピラミッドに密閉する。クフ王が退屈しないように」。ミーシンは冗談を言った。「あのプログラムは、リーザには好ましいものではなかった。なぜなら、悲劇的要素が染み渡っていたから。彼女自身には、『クレオパトラ』よりも、別のイメージの方がもっと合っている」。
 
*******  *******
http://rsport.ru/figure_skating/20161109/1112025330.html
 
2016/11/09 アレクセイ・ミーシン「トゥクタムイシェワのグランプリ中国大会出場を止められるものは、死だけだ」
 
モスクワ、11月9日、R-Sport、アナトーリー・サモフヴァーロフ。
女子シングルスケート2015年世界女王、ロシアのエリザヴェータ・トゥクタムイシェワは、ちょっとした病気をしたが、これはグランプリ中国大会出場の妨げにはならない、このようにコーチのアレクセイ・ミーシンはR-Sportに語った。
 
トゥクタムイシェワは、11月18~20日に北京で行われるグランプリシリーズ大会第5戦Cup of Chinaにエントリーしている。彼女は、前のカナダ大会では4位だった。
 
「リーザは、モスクワへの出発(グランプリモスクワ大会時に、彼女も大会ゲストとして出席した)前に病気になったのだが、モスクワでは(振付師ステファン・)ランビエールと色々なリンクで仕事をしたことで、彼女の病気が一層悪化した。現在彼女は熱があり臥せっている。
 
しかし、われわれのCup of Chinaへの出場を止められるのは、死だけだ」。ミーシンは電話でこのように語った。

 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/10(木) 00:37:57|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/11/09 カロリーナ・コストナーは、ミーシンがコーチになることを正式に発表した | ホーム | 2016/11/08 エレーナ・ラジオノワ「デザイナー? いいわね。喜んで試してみたいわ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2076-896037b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)