富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/11/19 セルゲイ・ヴォロノフ「愚かなミスをした大会だった」

あれこれ

2016/11/19 セルゲイ・ヴォロノフ「愚かなミスをした大会だった」

 http://www.fsrussia.ru/intervyu/2590-sergej-voronov-eto-byl-turnir-glupykh-oshibok.html
 
====一部抜粋====
 
2016/11/19 セルゲイ・ヴォーロノフ「愚かなミスをした大会だった」
 
ロシアのフィギュアスケーター、セルゲイ・ヴォーロノフは、グランプリ中国大会の銅メダリストになった。彼は試合の後、特派員タチヤーナ・フレイドのインタビューに応じた。
 
—あなたは3位になりましたが、滑りはミス無しではなかった。
 
「起こったことに自分でも驚いている。この大会は、僕にとって全く軽率で愚かなミスの大会となった。もちろん、銅メダルを獲った自分を誉めるし、こんなにも良い選手たちのいる仲間のなかでメダリストに入れたことを誉める。シリーズのいくつもの大会を見ても、男子シングルで弱いグランプリ大会は無かった。
 
ただ唯一自分を責めることが出来るのは、愚かなミスはもうこれからするなという点だ。四回転が出来なかったことは、仕方が無い。しかし、余計なコンビネーションは・・・29歳にもなって・・・こんなのは許し難い。あとどれくらい滑るつもりか見るにしても。もし35歳までとしたら、まだあるのだから」。
 
—もしかしたら、集中力を失ってミスをしたのですか?
 
「逆だ。多分、集中し過ぎだった。4-3をやって、アクセル、トウループ。今あなたに打ち明けることが出来るが、この大会で二つの四回転トウループをやりたかった。しかし、それは出来なかった。ぎりぎりのところで持って行こうとしたが、考え直した。そうして跳んではいけなかったものを跳んでしまった。でもそのあと理解したのは良かった。二つのルッツの代わりに、一つをサルコウにした。コンビネーション無しで全てをやった。そうでなかったら、おわりだった・・・」。
 
—滑っている時に数学的計算をするのは難しいですね。練習ではこういったバリエーションを十分練習するのですか?
 
「そうだ。しかし競技では、自分自身で全てをコントロール下に置かなければならない。数学的に非常に鍛えられている必要がある。一つをやったら、もう一つはダメ。やらなかったら、すなわち、すぐに何を何に変えるかを理解しなければならない。シングルスケートをする以前に、まず数学教育が出来ていなければということに行き着く」。

 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/21(月) 03:15:39|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/11/20 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ「トリプルアクセルを克服できることを願っている」 | ホーム | 2016/11/19 インナ・ゴンチャレンコ「ラジオノワは、GP北京大会での勝利によって自分のステータスを立証した」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2092-c44a4cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </