あれこれ

2016/11/27 マリーヤ・ソーツコワ「サラダがとても好きで、たくさん食べる」

 http://www.fsrussia.ru/intervyu/2623-mariya-sotskova-vykhod-v-final-eto-pobeda-dlya-kazhdogo-sportsmena.html
 
2016/11/27 マリーヤ・ソーツコワ「ファイナルに出ること、それは各アスリートにとって勝利」〜その②〜
 
====タチヤーナ・フレイドのマリーヤ・ソーツコワへの札幌でのインタビューより一部抜粋====
 
—日本でのグランプリのフリープログラムであなたの幾つかのジャンプが回転不足とされました。これにはどんなコメントが出来ますか?
 
「コメントしたくありません。ルッツでは私はそう感じましたが、その他のものは — 知りません。全てに同意します」。
 
—パリでのグランプリ大会の後は、どのように準備し、トレーニングしましたか?
 
「私はホームに帰りました。翌日トレーニングに出ました。少し大変でした。身体が疲れていました。なぜなら全力を尽くした後で、気力が戻りませんでしたから。でも一週間しかないのだから、集中して良い調整をしなければならないことは分かっていました。
 
去年ジュニアで私は同様の日程でした:最初の大会があって、その後一週間おいて二回目の大会がありました。当時、二回目のグランプリの前に完全な燃え尽き感がありました。力が残っていなかったので、精神・意志でプログラムを引っ張りました。
 
でも今回は、自分の第二戦に新鮮な気持ちで来ました。まるで初戦のように、疲労なども無いかのように。
 
緊張もせずに、理性も見失わず、身体を感じることが出来て満足しています。若干の緊張はありましたが、克服出来る程度のものでした。6分間練習を失敗させないで満足しています。なぜなら、パリでのウォームアップは非常に悪くて、コーチたちをいらいらさせたからです。もちろん、これもマイナスに働きました。ここではウォームアップがうまく行ったので、エレーナ・ゲルマーノヴナも落ち着いていました」。
 
—日本料理は好きですか?
 
「あまり好きではありません。寿司は明らかに私のタイプではありません。巻き寿司は、少し前に初めて試してみました。ここでは基本的にヨーロッパ料理を好んでいます。念のために。私の体は日本料理に慣れていないですし、試合の前は注意しなければなりません。今はもう全てが終了しましたから、試しても良いかもしれませんが、特に欲望はありません。競技の後、食べ物はあまり通りません」。
 
—あなたの好きなメニューは何ですか?
 
「気分によります。サラダはとても好きです。たくさん食べます」。
 
—自分では料理しますか?
 
「いいえ、コックではありません。そのための時間もありませんし、才能もありません。何かの料理を試したことがありますが、シャルロットケーキがおぞましいものになりました。まるでゴムに! しかし、料理は何とかして、学ばなければなければなりません。そうしないとお嫁に行けませんから」。
 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/04(日) 01:16:41|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/11/29 ミハイル・コリャダーは、ロシア選手権に向け四回転ルッツを準備している | ホーム | 2016/12/02 ニーナ・モーザー「ザビヤコ/エンベルト組には、グランプリファイナルでのメダル目標は無い」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2105-26bdd5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)