富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/12/09 男子シングルは、最も有名な二人が上位に立ち、全てがセンセーション無しで運んだ

あれこれ

2016/12/09 男子シングルは、最も有名な二人が上位に立ち、全てがセンセーション無しで運んだ

 http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/945280
 
2016/12/09 大きな緊張に注意! グランプリファイナル1日目のレポート
 
====一部抜粋====
 
(アンドレイ・シモネンコ)
男子シングルでは、全てがセンセーション無しに運んだ — オリンピックチャンピオン羽生結弦と三度の世界チャンピオン、パトリック・チャンという最も有名な二人がミスをせずに、故に1位と2位の上位に立った。二人の間の点差は7ポイント — これは、カナダ人が1本の四回転ジャンプであるのに対して、日本人が2本の四回転ジャンプ(希少なループを含む)であった結果だ。
 
ハビエル・フェルナンデスは、四回転トウループと三回転トウループのクリーンなコンビネーションジャンプで素晴らしく滑りを開始したが、その後、突然乱れた。
 
宇野昌磨とネイサン・チェンは、上位への血路を開くためにリスクを冒さなければならなかった。彼らは挑戦したが、それは上手く行かなかった。
 
アダム・リッポンは、リスクも冒さなかった。それ故、ショート終了時点での最下位にも落胆していない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/10(土) 01:02:48|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/12/10 エレーナ・ラジオノワ「自分がもっと出来ることを知っている」 | ホーム | 2016/12/08 タラソワ/モロゾフ組は、グランプリファイナルで最も高い課題を自分たちに課していた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2113-d5e5a1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </