富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ あれこれ 2016/12/11 男子シングルのシュールなファイナル

あれこれ

2016/12/11 男子シングルのシュールなファイナル

 http://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/triumf-medvedevoy-i-syurrealistichnyy-muzhskoy-final-1075866/?ua=dt
 
2016/12/11 メドヴェージェワの大勝利と超現実的男子のファイナル
 
====一部抜粋====
 
(エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ  マルセイユから)
マルセイユの大会を飾る男子競技は、ショートプログラムの後すぐに終了して、ファンたちの心理をこれ程に残酷な目に遭わせなかったなら、最も面白い出し物となっただろう。
 
引き金は、最も難しいルッツ、フリップを含む4本の四回転ジャンプを軽々と遂行し、一気に17ポイントも自己記録を更新したネイサン・チェンの手中にあった。
 
一人のアスリートの目もくらむばかりに成功した滑りが、ライバルたちの誰か一人の失敗だけでなく、連鎖反応を引き起こす原因となる、こういったことが、フィギュアスケートにおいてはかなり頻繁に起こる。まさにこのような形で昔、リレハンメルオリンピックでアレクセイ・ウルマーノフが勝利したのだ:彼がプログラムを輝かしくやり遂げると、主要な優勝候補者たちと、既にオリンピックチャンピオンであったブライアン・ボイタノとヴィクトル・ペトレーンコ、それに加えて五度の世界チャンピオン、カート・ブラウニングも粉々に砕けた — 誰一人表彰台にも上れなかったのだ。
 
マルセイユで最初に混乱に陥ったのは、羽生だ:二回目の四回転サルコウで転倒し、コンビネーションに出来ず、そのため(繰り返しのジャンプとして)一部分のポイントしか算入されなかった。その後四回転トウループの着氷でミスをし、ケーキの上に最後に飾る筈だったさくらんぼ — プログラム最後近くのトリプルルッツを「パンク」させた。これらの全ては、オリンピックチャンピオン羽生結弦をもってして、ショートプログラムの相当大きな貯金のおかげのみで、アメリカのネイサン・チェンに総合点で勝利出来たという結果を導いた。
 
次はハビエル・フェルナンデスの番だ。彼は四回転のコンビネーションの代わりに、トリプルトウループから滑り始めた。スペイン人は、転倒し、つまずき、着氷で氷にはまり、その場所から跳び、再び転倒しそうになった。それをリンクサイドで恐怖のなかで見ていた羽生は、ミスの度に身震いし、あたかも電流が彼を通過するかのようだった。
 
この光景をさらに上塗りしたのは、三つの転倒で4ポイントの減点という最近の良いしきたりのなかでプログラムを実行した、三度の世界チャンピオン、パトリック・チャンだった。
 
そのようにして全てが終わった時には、ほっと安堵の息を吐き、恐ろしい夢だったかのように、全ての驚きを忘れようとすることが精一杯だった。ロシアの誰一人ファイナルに行けなかったことは、果たして悲しいことだったのだろうか。一等星のようなスターたちによって繰り広げられたこの不条理劇において、彼らには確かに成功のチャンスがあった筈だった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/12(月) 01:18:55|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2016/12/11 マリーヤ・ソーツコワ「今私たちは、何に取り組まなければならないかを、さらに良く理解している」 | ホーム | 2016/12/10 エレーナ・ラジオノワ「ファイナルの結果は、さらなる取り組みへの刺激」>>

コメント

>ロシアの誰一人ファイナルに行けなかったことは、果たして悲しいことだったのだろうか。一等星のようなスターたちによって繰り広げられたこの不条理劇において、彼らには確かに成功のチャンスがあった筈だった。

まず、グランプリシリーズでロシアの男子選手達がロシアの女子選手達のように良い成績を安定して取れなかったのは悲しい事でしょ。
その結果、ロシアのシニア男子はファイナルに行けず、チャンスを掴めなかったのだから。
このロシア人記者の文章にはファイナルに行く事が出来た他国のエリート男子選手への妬み僻みが見える。
そもそも、フィギュアスケート男子においてミス無しで勝ち続けるのはとても困難な事だし、若手はプレッシャーがあまり無いので勢いでエリートに勝つ時もあるよ。まぁ、こういう崩れてしまう自爆大会もあれば、去年のGPFのFPのように素晴らしい演技を見せてくれる時もあるって事さ。
  1. 2016/12/12(月) 02:56:23 |
  2. URL |
  3. こんな試合もあるさ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2118-461d9bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    </