あれこれ

2016/12/22 セルゲイ・ヴォロノフ「ロシア選手権で滑るよりも、グランプリ大会の方が易しかった」

 http://tass.ru/sport/3896876
 
2016/12/22 ヴォーロノフにとってロシア選手権で滑るのは、プランプリ大会よりも難しかった
 
チェリャービンスク、12月22日、TASS特別特派員イワン・プチコーフ、ヴェロニカ・ソヴェートワ。
国際大会であるグランプリシリーズの大会で滑ることは、セルゲイ・ヴォーロノフにとって、13回目の出場であるロシア選手権で滑るよりも、より易しかった。ショートプログラムの演技(85.89、3位)の後で、ヴォーロノフが語った。
 
「今回は僕の13回目のロシア選手権だが、緊張がある。グランプリで滑る方が易しかったくらいだ。緊張しないのは、馬鹿者か、正気じゃない者だけだ」。
 
ショートプログラムの滑りに彼は満足している。
「僕は自分の滑りに満足している。十分満足だとさえ言える。自分自身と戦い続けたし、四回転トウループ+三回転トウループのコンビネーションもやり切った。頭の中には、やり切るという考えだけがあった。傾いたジャンプであろうとなかろうと、既に重要じゃない。必要なのは、一つ一つのエレメントと闘うことだ」。セルゲイ・ヴォーロノフはこのように記者たちに語った。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/23(金) 00:38:08|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016/12/23 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「比較的クリーンな滑りだったので、得点に特別な驚きは無い」 | ホーム | 2016/12/22 アレクサンドル・サマーリンは、ショートプログラムで四回転を跳んで、コーチへの約束を守った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2133-fe84f322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)