あれこれ

2017/01/26 エヴゲーニヤ・タラーソワ/ウラジーミル・モローゾフ組「世界記録のことなど考えずに、ただ一試合ごとに成長していく」

 http://www.fsrussia.ru/news/2745-evgeniya-tarasova-vladimir-morozov-o-mirovom-rekorde-ne-zadumyvaemsya-prosto-pribavlyaem-ot-starta-k-startu.html
 
2017/01/26 エヴゲーニヤ・タラーソワ/ヴラジーミル・モローゾフ組「世界記録のことなど考えずに、ただ一試合ごとに成長していく」
 
(オリガ・エルモーリナ)
オストラヴァのヨーロッパ選手権ペアスケート競技で、ロシアのエヴゲーニヤ・タラーソワ/ヴラジーミル・モローゾフ組は、自己ベスト記録の80.82ポイントを獲得し、首位に立っている。演技の後、彼らがコメントしてくれた。
 
—あなた方はグランプリファイナルの優勝者ですから、新しいステータスでヨーロッパ選手権に来ています。このことはオストラヴァでの演技にどのように影響しましたか?
 
エヴゲーニヤ:「このことは一層の確信を与えてくれています。第一に自分自身への確信です。私たちは喜びを持って滑りましたし、全てのエレメンツをやり切るように努めました。私たちはヨーロッパ選手権の前に、非常に充実した合宿を行い、そこで沢山の仕事をしました。ご覧のように、結果につながりました」。
 
—あなた方のライバルたちがミスを犯したことはご存知でしたか?
 
エヴゲーニヤ:「いいえ、私たちは滑りを見ていませんでした」。
 
ヴラジーミル:「僕たちはライバルたちの演技は見ない。僕たちは僕たちで自分たちのことをやり、誰のことも見ないし、誰の失敗も望んでいない」。
 
—シーズン最良の結果は、ロシア選手権からヨーロッパ選手権までにやった仕事の成果ですか?
 
ヴラジーミル:「全ての総和だ。僕たちはシーズンごとに前進しているし、ショートプログラムも、フリーも試合ごとにだんだんと良い点数を得ている。特にこの間の準備だけのものではない。ただ、ヨーロッパ選手権前の準備は良いものだったし、相当なものだった。僕たちは多くの仕事をやった」。
 
—あなた方は世界記録に近づいているという感じがします。自分たちにそのような目標を置いていますか?
 
ヴラジーミル:「具体的に世界記録というのは、無い」。
 
エヴゲーニヤ:「私たちは自分の仕事をしていれば、世界記録に近づいていくでしょう」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/26(木) 21:40:23|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/01/25 マリーヤ・ソツコワ「とうとう私は70点を超えた」 | ホーム | 2017/01/25 エヴゲーニヤ・メドヴェージェワ「グランプリファイナルの得点を超えたかった」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2172-74487541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)