あれこれ

2017/01/28 アンナ・ポゴリラヤ「私は何も恐れていませんでした」

 http://www.fsrussia.ru/news/2769-anna-pogorilaya-ne-boyalas-nichego.html
 
2017/01/28 アンナ・ポゴリーラヤ「私は何も恐れていませんでした」
 
アンナ・ポゴリーラヤはヨーロッパ選手権銀メダリストになった。滑りの後全体を振り返った:
 
—あなたは、(フリープログラムの後、氷上で)三回目のお辞儀をしてからやっと笑顔になることが出来ました。それほど緊張していたのですか、それともご自分の演技がヨーロッパの銀に届かないのではないかと恐れていたのですか?
 
「私は何も恐れていませんでした。特に滑りの後は。私はただ、演技のイメージから長いこと抜け出せないのです。そこに入り込むと」。
 
—それは良いことですか、それとも少し妨げになりますか?
 
「それは演劇的役作りのスキルです。自分の先生と一緒にまさにこの役作りの勉強していた時ですら、その後長いこと、30分位、私はその状態のままでした。今日は、これでも早くイメージから抜け出たほうです」。
 
—もしプログラムを技術的部分と役を演じた部分に分けるとして。そのそれぞれを評価してください。
 
「最初のルッツは理想的な入り方ではありませんでしたが、技術と意志力で私は遂行し、プログラムの難易度を上げることが出来ました。ルッツ-トウループの3-3を後半に持って行ったのですから。一方コンポーネンツの部分では、味わい深く見えるように、全てを明瞭にするために、プログラムが作成された通りに全てをやろうと努めました」。
 
—あなたは観客から暖かく受け入れられ、ショートプログラムの後にはとても大きなクマのぬいぐるみが贈られました。
 
「もし、もう一つあれが投げ込まれたら、私にはさらなる問題になるところでした — それをどうしようかと。だって、どうやってあれを運べば良いのか、私には分かりません。持って帰れるよう願っています」。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/28(土) 22:46:56|
  2. フィギュアスケート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017/01/28 アレクセイ・ミーシン「自分が作ったジャンプシステムがコストナーに生かせるのかどうかを試している」 | ホーム | 2017/01/27 マクシム・コフトゥン「僕たちは氷の上の何かを変えたというより、むしろ自分自身との仕事、内なる『自分』への取り組みを、より多く増やした」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kurkuma.blog.fc2.com/tb.php/2177-9075d343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)